水疱瘡 痛み 対処

水疱瘡で痛みが起こっている場合の対処法

スポンサーリンク

水疱瘡に感染すると発疹、水ぶくれの症状が現れますので、非常に痒くなってしまい辛い症状が続いてしまいます。
家庭の中で一人が感染すると兄弟にも感染しやすく、非常に感染力も強い病気です。
特に起こりやすい場所というのは下記のような場所に発症しやすいです。

 

顔、胸、背中、腹部、手足、頭、まぶた、口の中などに出来やすいと言われています。
またおむつなどでかぶれている場所にも起こる可能性がありますので注意しましょう。
今回は発症した際の痛みが出た時の対処方法について説明していきましょう。

 

この病気の痛みというのは皮膚に異常が発疹や水ぶくれなどが起こっていることによってヒリヒリ、ピリピリといった皮膚が痛い症状が現れることがあります。
子どもが痒みだけでなく痛いことを訴えてくる場合もあるようです。
基本的に水疱瘡というのは発症してから3週間ほどで完治へと向かいますので痛みは完治に向かうにつれておさまっていくことがほとんどです。

スポンサーリンク

しかし、まれに慢性的に残ってしまう場合があります。
これは皮膚に現れている症状が治ったとしても皮膚の神経を傷つけてしまうと残ってしまうことがあります。
これは重症化してしまった場合や高齢者が発症した際に起こりやすい症状です。
痛い症状が出ている場合の対処方法は基本的には抗ウイルス剤を使用してウイルスを殺菌、さらに増殖を防ぐことが一番の治療法です。

 

また水疱瘡の原因である水疱帯状疱疹ウイルスは熱に弱いウイルスです。
そのため身体を温めることによってウイルスが活発になることを防ぐことが出来ますので一時的に痛みを抑える効果を期待できます。
しかし身体を温めると血行が良くなりかゆみが増すことも考えられますので注意しましょう。

 

一時的に抑えるのであれば冷やすのも効果を期待できます。
どちらかが良いということは一概には言えませんが効果がある方を選んで行いましょう。
水疱瘡が完治してから起こる神経を傷つけてしまった神経痛に関しては痛み止めを服用することもあります。
薬を使用する場合には医師に相談してから用法用量を守り服用するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

水疱瘡でかさぶたにならない発疹の可能性もある?その注意点について
水疱瘡はプールで感染する!?そのルートとは??
水疱瘡の流行する時期とは!?その予防法は?
水疱瘡と蕁麻疹の違いとは!?大きく異なります。
子供が水疱瘡に!薬を飲まない場合のオススメ対処方法
水疱瘡を感染すると外出は禁止!いつからOK?
水疱瘡でのお風呂対策!感染させない方法とは!?
大人が水疱瘡に感染…2回目は危険!その症状と対処方法
水疱瘡の潜伏期間は長い!外出すると周りに影響はある?
妊婦の水疱瘡は要注意!抗体のあり、なしを判断しましょう!
水疱瘡の完治の目安は!?かさぶたが取れるまで!
水疱瘡の症状で熱なし?違う病気の可能性も??
水疱瘡の予防接種の注意点!副作用は発熱!?他の症状は?
水疱瘡は予防接種してもかかる!その重要性とは!?
水疱瘡かも?大量の発疹が…!水疱にならないための対処方法
水疱瘡で手のひらが治りにくい!オススメ対処方法!
水疱瘡のウイルスの寿命について、体の中や外でも生きられるのか!?
水疱瘡の発疹が少ない場合の対応!病院へ行った方がいい??
大人の水疱瘡は軽い!?そんなことはない…早めの対処が重要です!
大人の水疱瘡は熱が出ない!?その理由とは??
大人の水疱瘡はコワい!その感染率とは!?
水疱瘡で失明する可能性がある!目の中の異常とは!?
水疱瘡の治療で市販の塗り薬。使用する際の注意点とは!?
水疱瘡でプールに入れるのはいつから?感染させないようにしましょう!
水疱瘡は皮膚科?小児科?オススメはコチラ!
大人の水疱瘡…病院は何科へ行けばいい??
水疱瘡のかゆみ対策!ピーク時の対応方法
水疱瘡の跡に膨らみが出来たときの対処方法
大人の水疱瘡の入院期間!髄膜炎を併発する可能性もある!