とびひ 顔 大人 原因

大人でも顔や手にとびひが感染する??その原因とは!?

スポンサーリンク

大人の人でもかさぶたや水泡がやけにできるなぁと感じた場合に病院へ行ったら「とびひ」に感染していたなんてこともありえます。
子供が感染することで有名ですが、大人が感染することも十分あります。

 

顔や手、身体、どこにでも感染することが考えられますので注意しましょう。
その感染経路や原因などについてお話していきたいと思います。

 

とびひの原因は人間の皮膚に常駐している菌が悪さをします。
黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌が傷口などから侵入し、皮膚が炎症を起こします。

 

炎症を起こした患部が膿をだすことによって水ぶくれになり、それが破けることによって皮膚がただれなどの症状を起こします。
基本的にはまず「かゆい」です。

 

そしてそれを掻きむしってしまい、その菌がついた手で他の部分を触ることによって他の場所へと感染していきます。
感染するということはその手で他の人を直接触ってしまった場合などにも感染してしまいます。
それを接触感染と呼びます。

スポンサーリンク

感染経路はさまざまなことが考えられ、プールやお風呂、感染している患部を拭いたタオルを他の人が使用したり、服を共有することによっても感染してしまう恐れがあります。

 

また傷口からだけではなく自家感染、皮膚や身体に常駐している菌が、風邪などで免疫力が低下したことによってとびひなどを発症してしまう可能性もあります。
顔や手に大人が感染した場合は接触感染を疑いましょう。

 

とびひは空気感染しませんのでその心配はいりません。

 

アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を持っている人は要注意で重症化してしまう恐れもありますので注意しましょう。

 

まとめると子供より比較的免疫力が強くても感染する、直接感染するので患部を触ったら消毒し、タオルや服は別々に洗濯しましょう。
感染してしまった際には他の人にうつさないようにすることも大切です。

 

湯船の中でもうつる可能性はありますので、出来る限りお湯を変えるかシャワーのみですませるようにしてください。
とびひだと感じた場合にはすぐに病院へ行き早めに治療するように心がけましょう。

スポンサーリンク