水疱瘡 流行 時期

水疱瘡の流行する時期とは!?その予防法は?

スポンサーリンク

水疱瘡というのは水疱帯状疱疹ウイルスに感染すると発症する皮膚の感染症です。
その症状というのは発疹とともに発熱が起き、すぐに発疹が水ぶくれになり、その後かさぶたとなって完治へと向かいます。
初期症状で発疹が起きますがすぐにこの病気と判断は出来ないかもしれません。
なぜなら発疹が起こる病気というのはさまざまな病気が存在しているからです。

 

あせもや虫刺され、とびひ、麻疹、突発性発疹など発疹が出る病気というのはとても多いです。
その判断材料のひとつには流行の時期で判断できると考えられます。
水疱瘡が流行するのは冬から夏にかけて多いと言われています。

 

また4月の入学、入園などで新たな人との出会いが多い春先の時期にも発症することが多くなる傾向にあります。
特に感染していない、予防接種をしていない場合には感染する可能性が上がりますので注意が必要です。
この病気は10歳のまでの間に感染する確率が90%以上と言われています。

スポンサーリンク

最近の傾向では4歳以下の子どもが多く発症する傾向があります。
これは共働きの家庭が増え始めていることから生まれてからすぐに保育所に入り、集団生活する機会が増えてきているからです。
また、大人が発症する可能性というのはゼロではありませんので感染している子どもから感染しないように注意しましょう。
一度感染してしまえば抗体が出来ますので感染しにくくなります。

 

この病気は流行しやすい病気です。
子どもが発症しやすい感染症はおたふく風邪、手足口病、プール熱、リンゴ病などがありますが水疱瘡はそのなかでも発症する人数は多い病気です。
流行しやすい時期に感染者が出たとの情報があった場合には注意するようにしましょう。
発症するまでの潜伏期間が長い病気で、2週間ほど潜伏しています。
その間も感染する可能性がありますので兄弟などの家族にも感染させないようにすることも必要です。

 

感染しないようにするためにはワクチンを接種することが予防になります。
感染者に近づかないようにすることは困難ですので予防接種が一番の予防法になります。
流行の時期になる前に摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

水疱瘡でかさぶたにならない発疹の可能性もある?その注意点について
水疱瘡はプールで感染する!?そのルートとは??
水疱瘡と蕁麻疹の違いとは!?大きく異なります。
水疱瘡で痛みが起こっている場合の対処法
子供が水疱瘡に!薬を飲まない場合のオススメ対処方法
水疱瘡を感染すると外出は禁止!いつからOK?
水疱瘡でのお風呂対策!感染させない方法とは!?
大人が水疱瘡に感染…2回目は危険!その症状と対処方法
水疱瘡の潜伏期間は長い!外出すると周りに影響はある?
妊婦の水疱瘡は要注意!抗体のあり、なしを判断しましょう!
水疱瘡の完治の目安は!?かさぶたが取れるまで!
水疱瘡の症状で熱なし?違う病気の可能性も??
水疱瘡の予防接種の注意点!副作用は発熱!?他の症状は?
水疱瘡は予防接種してもかかる!その重要性とは!?
水疱瘡かも?大量の発疹が…!水疱にならないための対処方法
水疱瘡で手のひらが治りにくい!オススメ対処方法!
水疱瘡のウイルスの寿命について、体の中や外でも生きられるのか!?
水疱瘡の発疹が少ない場合の対応!病院へ行った方がいい??
大人の水疱瘡は軽い!?そんなことはない…早めの対処が重要です!
大人の水疱瘡は熱が出ない!?その理由とは??
大人の水疱瘡はコワい!その感染率とは!?
水疱瘡で失明する可能性がある!目の中の異常とは!?
水疱瘡の治療で市販の塗り薬。使用する際の注意点とは!?
水疱瘡でプールに入れるのはいつから?感染させないようにしましょう!
水疱瘡は皮膚科?小児科?オススメはコチラ!
大人の水疱瘡…病院は何科へ行けばいい??
水疱瘡のかゆみ対策!ピーク時の対応方法
水疱瘡の跡に膨らみが出来たときの対処方法
大人の水疱瘡の入院期間!髄膜炎を併発する可能性もある!