ドルマイシン軟膏 とびひ

市販薬ドルマイシン軟膏はとびひに効く?/効果、副作用について解説

スポンサーリンク

急に病気になってしまったなどの際に活躍するのがドラッグストアにおいてある薬が役に立つ場面があります。
とびひでも同じことが言えます。

 

どうしても病院に行くことが出来ない時にはドルマイシン軟膏などの市販薬を使うことがあると思いますので使用の際の注意点や効果などをお話していきましょう。

 

今回は「ドルマイシン軟膏」にスポットを当てていきます。

 

とびひはもちろんのこと外傷や火傷などからせつや湿疹、毛嚢炎、癰(よう)、ニキビなどといったさまざまな皮膚疾患に効果が期待できます。

 

抗生物質が2種類含まれており、コリスチン硫酸塩とパラトラシンが含まれています。
これらは殺菌作用を持っているためブドウ球菌などの細菌を死滅させてくれます。
ドルマイシン軟膏を楽天でチェック

 

とても便利なもので子供でも使用することは可能とされています。
本来は怪我や火傷をしたときに使用するのが一般的で傷口から細菌が侵入し化膿するのを防いだり、傷口を治療するのに用いられます。

スポンサーリンク

処方箋であるゲンタシンやリンデロンと同じようにこちらにも副作用は存在します。

 

安全性の高い薬で国の厳しい審査を通ってドラッグストアで販売されています。
ドルマイシン軟膏はステロイドは含まれていませんので含まれているものよりは副作用も少ないと言われていますが人によっては出てしまう恐れもあります。

 

それは発疹や赤み、痒み、かぶれなどの症状が起きてしまう場合もあります。
アレルギーを持っている人は使用したことによってアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性もありますので注意してください。

 

初めて使用した人などに刺激感を感じる人もいます。
その場合にはある程度使用して慣れていけばおさまります。

 

しかしドルマイシン軟膏には抗生物質は含まれていますので広範囲にわたって長期間使用することは注意が必要です。

 

塗る際にも注意が必要で患部は清潔にするようにしましょう。
そのまま直接患部に塗ってもいいですし、ガーゼに塗ってから貼ることも出来ます。

 

どちらにしても清潔にするようにしましょう。
とびひの場合はドルマイシン軟膏などの市販薬ではなかなか治らないといったことも多いようですので、市販薬に頼るのではなく病院を頼るようにしましょう。

スポンサーリンク