とびひ 薬 効果 塗り方

とびひで薬の効果的な塗り方とは?/自宅で軟膏を使用する時の注意点

スポンサーリンク

とびひになってしまうと水ぶくれなどの症状が出て患部がジュクジュクした状態になってしまいます。
そうなるとかゆみも出ますので早く治したいですよね。
とくに子供が多く発症するものですので親としては一日でも早く治してあげたいと思います。

 

とびひの治療で効果的に薬を塗る方法についてお話していきましょう。

 

この皮膚の疾患は感染症ですので人から人へとうつります。
その原因は皮膚と皮膚が触れることによって感染します。
また患部が触れたものや手を媒介にしてうつることもあります。

 

このような感染経路を直接感染と言います。
触れた手からうつるということは自分自身にもうつしてしまうことがありますので、自身の中でも感染が広がっていきます。

 

治療を効果的に行っていくうえでこれらのことを理解しておくことは非常に重要になってきます。

 

治療を行う際に使用される薬は抗生物質やステロイドなどが含まれているものが多くなっています。
これらを使用することによって細菌を殺菌し、炎症を鎮める効果を期待できます。

スポンサーリンク

子供が感染している場合には親が塗ってあげることが多いと思いますが塗り方は気を付けなければなりません。
ジュクジュクしている患部に塗った後に治りかけのところに同じ手で塗ると細菌がうつってしまうことがありますので再発の恐れがあります。

 

オススメの塗り方はビニールの手袋や綿棒を使用する方法です。

 

これらの道具を使用することによって親に感染することも防げますし、1カ所ずつ交換していけば大丈夫です。
薬を塗る場合には薄くぬっても厚く塗っても患部に当たる部分は変わりませんので効果はそれほど変わらないと考えられます。

 

しかし患部をガーゼで覆う場合にははがす際に厚く塗った方がくっつきにくいとも言われていますので試してみましょう。

 

くっつきにくいガーゼを楽天でチェック

 

薬を塗っていくうえで大切なことは他の場所、人へと感染を拡大させないことが大切です。
それをふまえた上で効果的に使用するようにしましょう。

 

suraただし医師に決められた用法や用量は守って使用してください。

スポンサーリンク