子供 とびひ 初期 症状 対処

子供の「とびひ」初期症状の特徴/迅速な対処方法が最重要

スポンサーリンク

とびひというのは正式には伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言い、その種類には水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)があります。

 

とびひは人へとうつる感染症で、主に子供が発症します。
その原因はあせもや虫刺されなどの細かな傷口から細菌が侵入することによって発症します。

 

細菌というのは黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌などの菌です。
これらの菌は普段から人の皮膚や鼻の中などにいる菌ですので発症する可能性は誰にでもあると考えられますが、一般的にはアトピーなどによって皮膚の免疫力が低下していると発症しやすいと言われています。
子供の場合には特に鼻を触ることも多く、そのあとに傷口などに触れてしまうことによって感染してしまいます。

 

そのため初期症状では顔や鼻の周りに起こることが多いです。
とびひというのは飛び火に例えられており、患部が広がっていくのが特徴です。
特に子供の場合は顔などを触ったあとには患部を触らないように言ってあげましょう。

スポンサーリンク

患部が広がっていく原因は、感染している患部に触れることによって手に細菌が付着し、そのまま他の部位を触ることによって感染が広がっていきます。
そのため1カ所発症していると2カ所、3カ所と徐々に広がっていきます。
広がらないようにする為にも初期症状で治療を始めていくことが重要です。

 

その対処方法は掻き毟ることがないように患部を保護することも必要です。
ガーゼなどで覆って手で触れないようにしましょう。
患部からの浸出液によっても感染が広がりますので保護することで拡大を防ぐことが出来ます。

 

とびひの治療方法は抗生物質やステロイドなどが含まれている塗り薬を使用して行います。
また症状が進行している場合には飲み薬を使用して行うこともあります。

 

初期の段階で発見できれば感染も広がりませんし、他の人へとうつす可能性も低くなりますので早めに対処していきましょう。

 

シャワーで患部をやさしく洗い流し清潔にしたうえで塗り薬を使用していきましょう。
薬を使用する場合には医師の指示に従って使用するようにしましょう。

スポンサーリンク