とびひ 早く 治す 方法

とびひを早く治す方法/あなたも出来るセルフケアのポイントを紹介

スポンサーリンク

とびひの症状は水ぶくれや湿疹、かさぶたなどが多くなりジュクジュクした患部になってしまうことがあります。
これは免疫力が弱い子供がなりやすく、アトピーなどで皮膚の免疫力が低下していると発症しやすいと言われています。

 

とびひを早く治す方法をお話していきましょう。

 

とびひは感染症ですので患部に触れた手で、他の場所を触ることによって感染が広がっていきます。
初期は鼻の周りに出来やすいと言われ、そこを掻いた手で他の部分に触れ徐々に広がり、場合によっては全身へと広がっていきます。

 

その治療方法は塗り薬を使用して行っていきます。
抗生物質やステロイドが含まれている薬を使用していくことによって治りが早くなります。

 

症状が軽度な場合には塗り薬だけで治療を行っていきますが、広がっている場合には飲み薬を使用して行っていくこともありますし、痒みがひどい場合にはかゆみ止めを使用することがあります。

 

掻くことによって患部に触れてしまいますので触らないことは大切です。

スポンサーリンク

触ってしまうことによって細菌が手に付着し他の皮膚へと感染してしまいます。

 

もちろん他の人を触ることによって写してしまうこともありますので注意しましょう。
共用のタオルなどは注意が必要です。

 

またお風呂へ入る場合にも湯船は入らないようにしましょう。
細菌がお湯の中に残ってしまう場合には他の人、他の場所へと広がってしまうことがあります。

 

爪を短く切ることも大切で爪の中に細菌が残ってしまうことが多くなりますので短くしておきましょう。

 

とびひを早く治す方法は、まずは患部を乾燥させることが大切です。
それには患部を空気に触れさせることが一番なのですがガーゼなどで保護したり上記のことに注意していなければ治すどころか広がってしまうことがありますので注意しましょう。

 

患部を空気に触れさせる(乾燥させる)、薬を塗る、掻き毟らないようにガーゼなどで保護するなどのことが重要ですので覚えておきましょう。

スポンサーリンク