とびひ 顔 ガーゼ

とびひが顔に出来た場合のガーゼの使用方法とは!?/絆創膏はNG

スポンサーリンク

とびひに感染してしまう原因はあせもやかぶれ、虫刺されなどの小さな傷口から細菌が侵入することによって発症します。
よく洗っていれば感染しないのかというとそうでもなく細菌は皮膚や鼻の中に常在しているものが原因となっていることがあります。
鼻の中を触った後に皮膚を触るということは感染につながります
とびひは特に子供多く発症します。

 

鼻の中を触った後に皮膚を触ることは多くなるかと思いますし、免疫力が低い子供が感染しやすくなっています。
特に鼻の中にいることもありますので顔に出来やすくなっています
鼻の下や周りには特に注意しましょう。

 

水ぶくれや湿疹が出てきた場合にはとびひを疑い早めに病院へ行くようにしましょう。
特に顔に出来てしまった場合には症状が長引いてしまうことが多いです。
やはり触る回数というのは多くなってしまうのが原因であると考えられます。
そのため治療は出来るだけ早めに行っていきましょう。
とびひは人へと感染するものですので患部を露出させないことも大切です。

スポンサーリンク

ガーゼなどを使用して患部を保護していきましょう。
病院へ行くと塗り薬を処方してもらえますので患部に直接塗りましょう。
その際には患部は清潔にすることが重要です。
シャワーなどで汚れや汗、細菌などを洗い流した後で水分を拭きます。
清潔にしてから塗っていくようにしましょう。

 

ガーゼの貼り方にも工夫が必要です。
被せたのちにテープ、もしくは包帯で固定していきましょう。
治療には乾燥させることは必要ですのでなるべく通気性をよくすることが大切です
テープで固定する場合には患部に被らないように四隅に貼っていきましょう。
クロスさせてしまうと患部にテープが被ってしまうことも多いと思いますので、出来る限り患部に当たらないようにしましょう。
くっつきにくいガーゼを楽天でチェック

 

ただし顔の場合にはガーゼを貼ることは難しい場所もありますがその場合には絆創膏は避けましょう
絆創膏は密閉率が高いですので細菌が繁殖しやすくなります。
貼りにくい場合には病院へ行き医師に相談するようにしてください。

スポンサーリンク