とびひ 治療 イソジン

とびひの治療にイソジン!?軟膏はOK/うがい薬はNGです!

スポンサーリンク

とびひになってしまうと水ぶくれや湿疹などの症状が出てかゆみも伴います。
これは皮膚に黄色ブドウ球菌やレンサ球菌などの細菌が侵入することによって発症します。

 

これらの菌は普段から皮膚に常在している菌ですので免疫力によって異常は起こりませんが、アトピー性皮膚炎などの皮膚の抵抗力が落ちていると感染しやすくなります。
これらの治療は塗り薬にて行っていき、必要があれば抗生物質を服用します。

 

【うがい薬で有名なイソジンはとびひの治療に使用することがあるのでしょうか??】

 

これはイソジン軟膏という塗り薬を使用して行います。
うがい薬だけではなくて塗り薬も出してるんですね。

 

ポピヨンヨードという殺菌消毒成分を含んでいますので皮膚の疾患に幅広く使用されます。
切り傷や刺し傷、靴擦れ、やけどなどの場合にも使用することができます。

 

皮膚表面の殺菌や消毒などの効果を期待できます。
上記のようにアトピーが原因となって細菌が侵入することによって炎症を起こす疾患ですので膿や湿疹などの症状が起こります。

スポンサーリンク

そしてそれに触れることによって手に細菌が付着し、他の部位が感染し広がっていきます。

 

そこでこイソジン軟膏を患部に直接塗り、少し置いた後に洗い流すことによって菌のみを退治してくれます。
イソジン軟膏を楽天でチェック

 

ただし塗って長時間放置してしまうと殺菌力が高い薬ですので殺菌する必要のない菌も殺菌してしまうことがありますので長時間の使用はやめましょう。

 

軟膏などの塗り薬を使用する場合には患部をきれいに洗い流してから塗りましょう。
また水気をきちんと優しく拭きましょう。

 

とびひは人にうつる疾患ですのでガーゼなどで保護して人にうつさないようにしましょう。

 

患部が触れたタオルや服、患部が直接触れても感染の原因になることがありますので注意しましょう。

 

うがい薬などを治療、予防のために使用することは危険となる場合がありますので避けましょう。
イソジンうがい薬を楽天でチェック

 

早期発見して治療を行っていくことによって早期完治が望めますので気が付いたら病院へ行くようにしましょう。
イソジン軟膏を使用する際にも副作用などに注意し、異常が出た場合には使用を中止し医師に相談しましょう。

スポンサーリンク