とびひ ドルマイシン リンデロン ゲンタシン

とびひ塗り薬「ゲンタシン」と「ドルマイシン」「リンデロン」の特徴

スポンサーリンク

とびひとはあせもや虫刺されなどの小さな傷から細菌が入ってしまうことによって発症します。
その細菌というのは代表的なものだと黄色ブドウ球菌、化膿レンサ球菌などの普段から皮膚に常在している菌が原因となることがほとんどです。

 

黄色ブドウ球菌は皮膚の表面や鼻の中、化膿レンサ球菌は鼻の中や喉の中にいる細菌です。
そのため鼻をいじった後に傷口をいじるということは感染させてしまうことがありますので注意が必要です。
その症状は水ぶくれや発疹を伴いますのでかゆみが生じます。

 

とびひにはどんな薬で治療を行っていくのでしょうか??

 

抗生物質の入った抗菌剤などを使用していきますのでその種類についてお話していきましょう。

 

「ゲンタシン軟膏」
ゲンタシン軟膏は広く皮膚の疾患に使われている薬で塗り薬になります。
アミノグリコシド系の抗生物質が含まれているため黄色ブドウ球菌を含む幅広い細菌に対して効果を期待できます。
レンサ球菌やエンテロバクター属、プロテウス属、緑膿菌などの細菌にも効果を発揮します。

スポンサーリンク

二次感染を防止するという意味でも使用することが出来ます。
副作用はステロイドに比べると少ないと言われていますが長期間使用する場合には注意が必要です。
また長く使用してしまうと細菌が耐性を付けてしまうことがありますので医師の指示に従って用法用量を守って使用しましょう。

 

「リンデロン軟膏」
ステロイドを含んでいる薬で炎症を鎮める効果が期待できます。
しかしその副作用によって免疫力を落としてしまうことがありますので細菌が繁殖しやすくなる傾向にあります。
水ぶくれがある場合には使用をしないこともあります。
こちらも長期間の使用は医師の指示の元で行うようにしましょう。

 

「ドルマイシン軟膏」
ドルマイシン軟膏は2種類の抗生物質を含んでいるものでとびひの治療だけではなく多くの皮膚の疾患に対して効果があります。
化膿することを予防することにもつながりますので二次感染を防止、予防することにも使用できます。
ドルマイシン軟膏を楽天でチェック

 

このように抗生物質の入っているものやステロイドを含んでいるものなどを患部に塗ることによって治療を行っていきます。
リンデロン、ドルマイシン、ゲンタシンは幅広く使用されている薬ですので効果的に使用するようにしましょう。

 

またかゆみがひどい場合には抗ヒスタミン薬などの飲み薬が使用されることもあります。
どの薬にも言えることですが必ず医師の指導の下で行っていきましょう。

スポンサーリンク