とびひ 軟膏 絆創膏

とびひ治療、軟膏の塗り方と絆創膏の注意点

スポンサーリンク

とびひとは正式には「伝染性膿痂疹」と言います。
皮膚にあせもや小さな傷、虫刺されなどの傷口から細菌が侵入することによって発症する皮膚の疾患です。

 

その名の通りに飛び火が飛んで火事が広がっていくように皮膚でも同じような状況になることが多いです。
感染していない部分にうつったり、他の人にうつしてしまうこともある感染症です。

 

多くの場合は水ぶくれや湿疹などによってかゆみがでます。
重症化してしまうと発熱などを伴うこともありますし、ブドウ球菌熱傷様皮膚症候群になることもありますので早期治療が大切です。

 

その治療方法は軟膏を塗ることによって行っていきます。

 

軟膏の種類にはステロイドを含んでいるものや殺菌効果のあるゲンタマイシンやリンデロンといった抗生物質が含まれているものを使用することもあります。

 

しかし、これらのような薬に耐性のついた細菌も出てきています。
これは昔から使用されている薬だと細菌が進化し対抗する力をもってしまうことがあるためです。

スポンサーリンク

軟膏を塗る場合には患部は清潔にしてから塗るようにしましょう。
シャワーで優しく洗い流し、水分を良く拭きとってから塗ってください。

 

その際に水ぶくれを破らないようにしたり、かさぶたをとらないようにすることが大切です。
薬を塗った後にはガーゼなどで覆いましょう。

 

患部を直に触ってしまうと触れた手にも細菌が付きますので、その手が他の場所を触れてしまった場合にはうつしてしまうことがあります。
他の人にうつす可能性もありますので注意してください。

 

通気性の良いガーゼであれば大丈夫なのですが絆創膏を使用することは悪化させてしまうことがあります。
くっつきにくいガーゼを楽天でチェック

 

治療には乾燥が大切ですが、絆創膏を使用すると密閉性があがってしまうことによってただれなどを起こしてしまうことがありますので注意してください。

 

薬を塗ったとしても絆創膏は使用せず、ガーゼで覆うようにしましょう。
とびひは感染力が強い疾患ですので家族や友人などに感染させないように注意しながら治療を行っていきましょう。

 

市販薬や市販のガーゼなどを使用する際には医師に相談してから使用してください。

スポンサーリンク