とびひ ガーゼ 絆創膏

とびひでガーゼと絆創膏の注意点/やってはいけない処置方法

スポンサーリンク

とびひは感染症ですので人へとうつりますし自分の皮膚で飛び火のように感染していきます。
そのため全身に感染が広がってしまうことも珍しくありません。
水ぶくれが破れてジュクジュクした状態になってしまうこともあります。

 

特にこの病気はうつっていきますので治療の際の注意点をお話していきましょう。

 

 

治療には薬も大事ですが患部を乾燥させることが大切です。
薬は細菌を退治してくれる抗生物質を使用して行うことがほとんどです。
この塗り薬を塗る場合にも注意が必要です。

 

とびひは子供が多く発症しますので患部に薬を塗ってあげる際に大人の指へ細菌が付着してしまい大人の皮膚、もしくは他の場所へと細菌を感染させてしまうことがあります。
大人も感染することがありますので注意しましょう。
乾燥させることが大切と言いましたが、患部を乾かすにはガーゼなどを使用しなければ乾燥させることができます。
しかし使用しなければ子供が掻き毟ってしまい他の場所へと感染させてしまうこともあります。

スポンサーリンク

これは掻き毟った爪の中や手に細菌が付着し、顔や手などに感染させ患部を広げてしまいますし、他の子に移してしまうこともありますので注意しましょう。
このような事態を防ぐためにも爪を短くする、ガーゼなどで覆うことも大切です。

 

患部をきれいに流したあと、水気を優しく拭いたあとに薬を塗りガーゼで覆いましょう。
患部が数か所に分かれている場合、一回塗った同じ手で治りかけの他の場所に塗ってしまうと再度細菌が付着してしまうことがありますので手を洗うか、ビニール製の手袋などを使用し、交換しながら行いましょう。
くっつきにくいガーゼを楽天でチェック

 

ただし絆創膏は注意が必要です。
絆創膏はかぶれやすい上に密閉率が高くなります。
そのため絆創膏の中で細菌が増殖してしまうことがありますので悪化の原因となってしまうことがあります。
患部は清潔に保ち、乾燥させることが重要になります。
また服やおもちゃなどにも細菌が付着している可能性もありますので清潔にすることに心がけましょう。

スポンサーリンク