とびひ ガーゼ テープ

とびひのガーゼとテープの使用時の注意点は?/皮膚に与える悪影響

スポンサーリンク

とびひというのは飛んで火の粉がうつっていく火事の様子に例えられ名前が付けられました。
その名の通りにあっという間に全身に水ぶくれなどの症状が広がっていきます。

 

そしてとびひは人へとうつる可能性のある感染症ですので、患部を露出した状態ですと他の人へ移してしまうこともあります。
まれに大人も発症することがありますが、多くの場合は子供が発症します。

 

子供は遊びまわりますので遊んでいる最中に他の子へと移してしまうことも考えられますので注意しましょう。

 

その注意点としては患部をガーゼで覆うことも大切です。
とびひの際のガーゼの貼り方の注意点としてはまずは患部を乾燥させることが大切だということを覚えておきましょう。

 

ガーゼを貼る前には患部を清潔にしましょう。
患部をシャワーでキレイに細菌や汚れなどを洗い流しましょう。

 

そのあと水ぶくれを破らないように優しく清潔なタオルで拭くようにして下さい。
水気をふき取ってから塗り薬を塗りましょう。

スポンサーリンク

塗り薬は細菌を殺菌するために多くの場合は抗生物質を使用して治療を行っていきます。
塗り薬を塗る場合にはまんべんなく薄く塗るようにしましょう。

 

量を多く塗ったとしても患部に当たる面は同じです。
しかしガーゼを剥がすときにくっつきにくくなる場合もありますので試してみましょう。
くっつきにくいガーゼを楽天でチェック

 

包帯で固定して終了ですが、どうしても包帯を巻けない場所の場合はテープで固定することもあるでしょう。
ただしテープで固定すると肌が弱い人の場合にかぶれが起こってしまうことがあります。
その場合には病院へ相談しましょう。
市販のテープでもかぶれにくいという商品も販売されていますので検討してみてください。
低刺激なテープを楽天でチェック

 

このようにさまざまな対処方法がありますので個人個人にあった方法を探して治療していきましょう。
とびひは人へとうつる病気ですので家族や友人に感染させないようにすることも重要です。

 

また免疫力の下がっている大人にも感染する可能性がありますので注意しましょう。
治療は医師の指導のもと行っていきましょう。

スポンサーリンク