とびひ 症状 熱 原因

とびひの症状で熱が出てしまった…その原因と対処方法とは!?

スポンサーリンク

子供にとっては楽しみである夏。
夏休みというのは子供にとっては一年で有数のイベントになります。

 

その夏場にかかりやすいと言われている病気に「とびひ」があり、これは夏場になりやすいあせもや虫刺されによる細かい傷から発症します。
誰かの子供がとびひになってしまったなんて話は珍しくありません。

 

そしてとびひに感染するとプールにも温泉にも入れなくなってしまいます。
大切な家族旅行の時に温泉に入れないのはとても寂しいものですね。

 

細かい傷から肌の表面に常駐している黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌が侵入することによって炎症を起こし、膿や汁などが出てそこが水ぶくれになります。
その水ぶくれが破れて皮膚がただれてしまいます。

 

細菌が原因となる皮膚病の中では最も多いとされている病気です。

 

はたして熱が出るようなことはあるのでしょうか??
そこを解説していきましょう。

 

とびひには2種類あり、黄色ブドウ球菌が原因となり発症する水疱性膿痂疹と化膿レンサ球菌が原因となる痂皮性膿痂疹があります。

スポンサーリンク

一般的に子供が発症する可能性が高いのは、水疱性膿痂疹です。
これは皮膚に水疱が見られかゆみが出ますが痂皮性膿痂疹は少し異なります。

 

膿疱や分厚いかさぶた(痂皮)ができるのでこう呼ばれています。
小さな水疱や膿疱が出てきて、まず黄色いかさぶたができます。

 

このような状態が次から次へと広がっていきます。
かさぶたの周りは赤みが出ています。
痂皮性膿痂疹の場合には熱が出てのどが痛くなり、ときにはリンパ節の腫れも出てしまいます。

 

熱が出ていると感じた場合には症状をみて判断しましょう。
痂皮性の場合でも黄色ブドウ球菌とともに併発している場合も多くありますのでいずれにしても露出している部分にできやすいと言えます。

 

しかしとびひで熱が出る可能性はありますがほかの病気を発症している可能性も考えられますのでおかしいと感じた場合には病院へ行くようにしましょう。
最近では薬に対する耐性がついてしまっている場合もありますので治らないといった場合にも再度病院へ行くようにしましょう。

スポンサーリンク