フシジンレオ 軟膏 とびひ 効果 副作用

とびひの薬「フシジンレオ」その効果と副作用とは!?

スポンサーリンク

とびひの薬にはさまざまなものがあります。
子供に多く見られる病気で、その見た目はかさぶたや水ぶくれ、ただれなどが皮膚に現れます。

 

とびひが原因となって致命傷となる可能性は低いのですが、こわいのはその広がっていくスピードです。

 

原因菌である黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌などの細菌に感染することによって発症します。
これらの細菌を殺菌しなければ菌は増殖をしていき、皮膚に毒素を出してきます。
それによって患部が広がっていきます。

 

その原因菌を殺菌するのに薬が使用されます。
大きく分けると抗生物質を使用したものか、ステロイドを使用したものに分かれます。

 

今回は抗生物質が含まれている「フシジンレオ」を紹介していきましょう。

 

抗生物質を含んでいる細菌を殺菌する効果のある薬で化膿性の皮膚病や傷、やけどなどに使用できます。

 

そしてこの薬は黄色ブドウ球菌に強い抗菌作用があるとされていますのでとびひの治療に使うのに適していると言えるでしょう。

スポンサーリンク

抗生物質を含んでいる薬にはほかにもゲンタシンというものもありますが、その薬は昔から多く使用されているため、細菌が進化して耐性を持ってしまって効果が薄くなるというケースも増えてきています。
フシジンレオにも同じことが言えます。

 

誰もが使用することによってその耐性がこの薬にもついてしまう可能性は十分にあります。
抗生物質は使用することによって対抗するように菌も進化してしまいますので使用期間や時期、量などにも注意をしましょう。

 

抗生物質はステロイドのように副作用はほとんどありませんが長期間大量に使用した場合などには副作用が出る可能性もあります。

 

発疹や赤み、痛みなどの刺激感などの副作用が現れてしまった場合には使用を中止しましょう。
そして医師に相談するようにして下さい。

 

この薬に限ったことではないのですが、薬は使用することによって治りが早くなる場合が多くありますし、その反対に治りが悪くなったり、悪化してしまう場合もありますので効果的に使えるようにしましょう。

スポンサーリンク