とびひ 治療 自然治癒 子供

子供のとびひの治療は自然治癒できる?/薬を使用しなければ長引く?

スポンサーリンク

お子さんがとびひになってしまったというのは親にとっては心配ですよね!!

 

とびひは一体どのような病気なのでしょうか??
そしてそれは自然治癒出来るものなのかについてお話していきたいと思います。

 

正式名称「伝染性膿痂疹」といい、皮膚に細菌が入り込むことによって発症します。
主に子供が感染しやすい病気となります。

 

そしてそれは人から人へうつってしまいます。
なぜ「とびひ」と呼ばれているかというと、掻きむしった手で他の場所を触ることによって全身に広がることから、火事の際の火の粉が飛び火して燃え移るような様子からこう呼ばれています。

 

その原因は黄色ブドウ球菌と化膿レンサ球菌が原因となり発症します。
二つとも人間が保有している常駐菌で傷口から皮膚へと入り込み、増殖する際に出す毒素が主な原因となります。

 

その代表的な症状は皮膚に水ぶくれが出来、その後膿を持つようになってそれが破れてめくれることによってただれてしまいます。
そのほかにもリンパ節が腫れたり、熱が出てしまったり、喉の痛みを伴うこともあります。

 

それを自然治癒させようとするのであれば患部を清潔にしてきれいなガーゼを貼りましょう。

スポンサーリンク

しかし人にうつす可能性もありますし、場合によっては治りが遅くってしまう可能性もありますので自然治癒よりも病院へ行き薬をもらって治療をする方がいいかもしれません。

 

放置することによって火の粉のように他の場所へどんどんうつってしまう可能性もあります。
十分注意して行ってください。

 

治療方法は殺菌作用のある薬を塗ることによって細菌をやっつけることが出来ますので病院へ行き処方箋をもらいましょう。

 

ゲンタシンやリンデロンなどは副作用もあると言われていますが効果が高い薬です。
これらを塗ることによって患部が治るのが早くなるだけでなく、他の人や他の場所へうつる可能性も低くなります。

 

塗り薬を塗る際にも幹部は清潔にして薬を塗って綺麗なガーゼで患部を保護しましょう。
また、とびひかな?と思ったらすぐに病院へ行き治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク