とびひ 薬 キンダベート 効果 副作用

とびひの薬「キンダベート」その効果と副作用について

スポンサーリンク

とびひは暑い時期になりやすい病気で大人でも子供でも発症する可能性があります。

 

とびひに対する薬はさまざまものがあります。
その中には大きく分けるとステロイドの含まれているものと抗生物質が含まれているものに分けられます。

 

今回はステロイドが含まれているものについて説明していきましょう。
リンデロンとキンダベートがよく使用されています。

 

「キンダベート」はkinder(子供)でも使用できるとされており、ステロイド剤のなかでも作用は穏やかであり安全性に優れているといえるでしょう。

 

その効果は中等度と言われており、5段階に分かれているステロイド薬の中でも下から2番目のW群に属します。
ステロイドというのは体の中に起こっている炎症を抑える働きを持っているホルモンです。

 

そのため、このような薬を使うことによって症状を抑えることができます。
この薬はステロイドの中では効果が穏やかであるため、顔などの皮膚が薄い部位にも使いやすく幅広く使用されています。

 

ただしステロイドには副作用がありますので使用の際には注意しましょう。

スポンサーリンク

まず、皮膚の炎症を抑えてくれるのですが免疫を抑制してしまうこともあり、細菌やウイルスに皮膚が感染している場合には使用を避けるようにする場合もあります。

 

とびひの症状は細菌によるものが原因となります。
そして患部が膿んでしまっていたり、ジュクジュクとなってしまっている可能性もありますのでステロイドは使用されない場合もあります。

 

赤ちゃんのあせもや湿疹に使用されているほど優しい薬ですのでステロイドの効果を理解することによってとても効果的に使えると言っていいでしょう。

 

副作用で皮膚に発赤や熱を持っているような感じや腫れ、痛みなどの症状が発生してしまう恐れもあります。
アレルギーなども人によっても効果の差が出る場合もあります。

 

医師の指示に従い使用するようにしてください。
その際にも用法用量を守って使用するようにしましょう。

 

患部を清潔にしてかきむしらないようにして薬を塗ることによって治りは早くなる効果が期待できます。

スポンサーリンク