かさぶた はがす 心理

かさぶたをはがす心理が知りたい

スポンサーリンク

かさぶたが出来てしまうと、ついついはがす人は少なく無いと思います。
はがしてはいけないとわかって居るのに何故はがしてしまいたくなるのか、その心理についてご説明します。

 

 

【かさぶたをはがすことで、早く綺麗な常態を見たい】
ケガが出来た際に出来るかさぶた。
ケガの治りかけの証拠として知られていますが、かさぶたを見つけると、ついついはがすという方も多いのでは無いでしょうか。
はがすとまた傷口が開いてしまい、最初からやり直しになると言うことも少なく無いため、基本的に触ってはいけない部分とされていますが、ダメと言われたら、はがしたくなってしまうのが人間心理です。
この心理は実は、心の奥底で、早くケガが治った綺麗な状態を見たい、かさぶたという異物を取り除きたいという心理の表れがあると言われています。
はがしたらダメとはわかっているものの、体に異物があるのが落ち着かず、無意識のうちにはがしてしまう心理に至るという肩は少なくありません。

 

スポンサーリンク

【かゆくて耐えられずにかさぶたをはがす方も】
心理的なものは関係なく、どうしてもかさぶたがかゆすぎて、はがすという結論に至る方も少なくありません。
どうしてもケガを治している最中の部分、細胞が寄り集まっている最中の部分ですので、かゆみが出るのは当然のことなのですが、その分、はがすことで余計に傷の治りが遅くなり、余計にかゆみがでると言うことも少なくありませんので、はがすことだけは避けるようにしてください、

 

 

かさぶたをはがしたくなってしまう心理は、誰しも持っている物です。
ですが、欲望に忠実になってしまうと、傷の治りが遅くなり、余計に状態が悪化する可能性が高いですので、どうにかぐっとこらえて、放置するようにして下さい。
どうしてもはがしたくなってしまったら、別のことをする、何か気を紛らわせるようなことをして、存在を忘れるようにしてみましょう。
そのまま別の事に没頭することが出来れば、ケガもすっきりと治り、気になるかさぶたも綺麗にはがれていきます。

スポンサーリンク