絆創膏 かぶれ 原因 対処

絆創膏によるかぶれの原因と対処

スポンサーリンク

絆創膏でかぶれてしまったことはありませんか?ここでは、絆創膏によるかぶれの原因と対処を見ていきます。

 

 

【原因について】
絆創膏を貼ることによって、皮膚がかぶれて痒くなることがあります。
適切な対処が必要な場合もあるので、いくつか原因をあげてみましょう。

 

 

絆創膏を貼ったり、はがしたりするときの物理的刺激がかぶれの原因の一つと言われています。
表皮が傷つくこともあるので、そこからかぶれが広がっていきます。

 

 

アレルギーも原因の一つとしてあげられることがありますが、メーカーの絶え間ない工夫によって、現在ではほとんどないと考えてもよさそうです。

 

 

最も多い原因は、細菌の繁殖だと言われています。
透湿性、通気性があまり良くない絆創膏を貼っていると、発汗のため蒸れることもあります。
そこに細菌が繁殖してしまい、細菌の代謝物などによって皮膚の表面が刺激され、かぶれてしまうことになります。

 

 

スポンサーリンク

【絆創膏でかぶれた場合の対処】
物理的な刺激が原因の場合は、特に対処しなくても、放置しておけば自然に治ります。

 

 

対処が必要なのは、細菌の繁殖が起ってしまっている場合です。
まず、目で見える異物を取り除いて下さい。
その後、水洗いし、消毒します。
その上で、必要であればステロイドを含む軟膏を使用します。
以上で対処しきれない場合は、速やかに医師の診察を受けてください。

 

 

では、細菌が繁殖しないようにするにはどうしたらよいでしょうか。
そのためにもっとも重要なのは皮膚を清潔に保つことです。
絆創膏を貼るより前に、患部だけでなく、接着する周辺の皮膚も洗い流し、消毒液できちんと消毒するように努めましょう。
そして発汗したり、水などで濡れたりした場合には、即はがし、皮膚の水分を乾かして清潔にしたのち、新しい絆創膏を貼り直しましょう。
また蒸れにくいとされる、ウレタン不織布・ウレタンフィルム等を使った絆創膏を使うのも推奨されます。
細菌が繁殖したことで起こるかぶれは、なるべく早めに処置をおこなう必要があります。

 

 

細菌の繁殖によるかぶれは、できるだけ速やかに対処して下さい。

スポンサーリンク