腕 かぶれ 治らない 対処

なかなか治らない腕のかぶれへの効果的な対処法

スポンサーリンク

かぶれの症状がいつまでも治らない場合、かゆみや痛みがいつまでもつづくために日常生活もわずらわしくなりますよね。
とくに腕は普段からよく使う部分であり、洋服などでも隠しにくい部分であるため早いうちに対処したいものです。
なかなか治らない腕のかぶれへの対処法についてまとめました。

 

 

【腕のかぶれが治らない原因と対処法】

 

腕のかぶれによるかゆみや症状は通常、2〜3週間程度で完治にむかうと言われています。
それ以上の期間にわたって症状が治らない場合はかぶれへの対処法を変えるなど、より根本的なアプローチが必要です。
かぶれがなかなか治らない場合はふたつの要因が考えられます。
ひとつは、症状そのものが長引いているパターン。
これは使用する薬を変えることで改善することがあり、それほど神経質になる必要はありません。
もうひとつは治りかけたかぶれが何度も再発するパターンで、治らない理由を特定し、原因物質を生活から取りのぞくなどの対処を考える必要があります。

 

スポンサーリンク

【治らない腕の湿疹を上手に隠す方法】

 

見た目を気にする女性にとってはとくに、体の目立つ場所にできた湿疹はできるだけ隠したくなるものです。
冬場は洋服で腕を無理なく隠せますが、肌の露出が多くなる夏場ではうまく隠す方法が見つからず、悩んでいる女性も多いようです。
肩口に近い場所にできた湿疹であれば半袖でも少し袖の長いものを着ることで目立たなくすることができます。
ただし、湿疹が気になるからといって、あまり無理に隠そうとするのは禁物です。
洋服によって隠そうとするとその部分に汗がたまってしまい、かえって症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。
隠すことによって対処するのではなく、ここは少し発想を変えて、湿疹をあえて前向きにとらえるようにするのもひとつの方法かもしれません。
湿疹を気にしすぎるとストレスが溜まってしまい、そのことによって炎症を再発させてしまう場合もあります。
はじめのうちは難しいかもしれませんが、意識的に隠さない対処法をつづけていくうちに、少しずつ湿疹をポジティブにとらえられるようになるケースもあります。

 

 

腕の湿疹はわりと目立つ場所にできやすいため、露出の多い夏場にはとくに人目を気にして隠したくなるものです。
ただ、あまり気にしすぎるとストレスによって炎症を悪化させかねないため、極端に神経質になりすぎず、ときには湿疹をポジティブにとらえる余裕も必要です。

スポンサーリンク