かぶれ 薬 ゲンタシン

かぶれによく効くゲンタシン!薬としての効果は?

スポンサーリンク

かぶれにはさまざまな種類の外用薬が処方されます。
ゲンタシンもそのひとつで、どんなかぶれの症状にも効果があり、なおかつ副作用も最小限におさえられると言われています。
薬としてのゲンタシンの効果についてもまとめました。

 

 

【かぶれの治療にゲンタシンが処方される理由】

 

ゲンタシンは医師から処方されてはじめて手に入れられる薬であり、市販薬として売られることはありません。
それだけ作用の強い薬ということで、症状に合わせて正しく使えばかぶれの辛さを時間をかけずに鎮めることができます。
ゲンタシンがおもに効果を発揮するのはあせもや刺激性皮膚炎などのわりと軽症な皮膚トラブルで、症状の軽いうちに使うほど効果が高まるとされています。
ゲンタシンと類似の成分が配合された市販薬はドラッグストアでも買うことができるので、まずはそちらから試してみるのもひとつの方法かもしれません。

 

スポンサーリンク

【生活習慣を変えることで治るかぶれもある!】

 

ゲンタシンは幅広い皮膚トラブルに効果が認められていますが、薬に頼りすぎるのも考えものです。
皮膚トラブルに対してはまずは生活習慣を変えることで改善をはかるのが基本的なアプローチであり、薬の服用は最後の手段、というぐらいに考えておいたほうが良い場合もあります。
とくに軽度なかぶれはふだんの暮らしをほんの少し見直すだけでも治療につながることがあり、副作用を気にする必要がないため身体への影響もおさえられます。
また、自分だけでなく身近な人の皮膚トラブルをふせぐ配慮も必要です。
乳幼児の場合、尿や便をおむつに長時間放置するだけでも臀部の湿疹の原因となるため、おむつはこまめに交換する必要があります。
お年寄りの介護では、おむつの着用を最小限にとどめるだけでもかぶれをふせぐことができます。

 

 

ゲンタシンは非常に作用の強い処方薬であり、効果が期待できる症状も幅広いため、あせもに対しての標準的な選択肢とされているほどです。
その反面副作用も無視できないため、医師の厳格なコントロールのもと機関と量を決めて使用する必要があります。

スポンサーリンク