かぶれやすい 植物

アウトドア派は要注意!かぶれやすい植物とその対処法

スポンサーリンク

植物かぶれもまた、皮膚トラブルの原因として広く知られています。
かぶれやすい植物についても研究が進んでおり、それぞれの特徴と対処法を知ることによって症状を早い段階で食いとめることができます。

 

 

【かぶれやすい植物とそれぞれの特徴】

 

かぶれやすい樹木の代表と言えばウルシではないでしょうか。
高級な伝統工芸品としても使われるウルシは同時に、皮膚トラブルを引き起こしやすい樹木としても知られています。
かぶれの原因はウルシの樹液で、樹液が皮膚に直接付着することによってかぶれなどの症状が表れます。
ウルシよりもポピュラーな植物といえばイチョウが挙げられます。
イチョウの場合、かぶれやすいのは果実のほうで、イチョウの実に含まれるイチオールという成分がかぶれを引き起こす原因となります。
かぶれやすい植物は自然界にまだまだたくさん存在しているので、アウトドアや家庭菜園の際には充分に気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

【危険は日常にも!植物でかぶれやすいパターン】

 

植物かぶれが起こりやすい日常のシチュエーションといえばガーデニングです。
植物に直接触れる機会が多くなるため、皮膚がかぶれるリスクもそれだけ高くなります。
ガーデニングではつねに手袋をつけ、素手で扱わないようにするだけでもかぶれにくくすることができます。
アウトドア派の人が気をつけたいのはやはりキャンプですね。
自然あふれる空間ほど、かぶれやすい植物にとっても暮らしやすい空間なのです。
キャンプや登山では周囲の木や草花にうかつに触らず、万一樹液が手についてしまった場合はただちに水できれいに洗い流すようにしましょう。

 

 

ウルシやイチョウは身近にあるかぶれやすい樹木の代表であり、うかつに素手でさわらないように注意する必要があります。
毒性が強いほど症状も激しくなり、後遺症が長期間にわたって残ることもあります。
樹液に直接さわらないことがかぶれ予防の鉄則ですが、万一皮膚に直接付着した場合にはその時点ですぐに洗い流し、炎症をそれ以上広げないようにしましょう。

スポンサーリンク