かぶれ 跡 消えない 対処

なかなか消えないかぶれの跡!効果的に消す対処法は?

スポンサーリンク

軽度のかぶれや湿疹であれば症状が完治すれば跡も自然に消えますが、重症の場合やかぶれを何度も繰り返している場合は跡がいつまでも消えない場合があります。
症状がなくても、かぶれの跡はできるだけ早く消したいところですよね。
なかなか消えない湿疹はもちろん、辛い症状そのものを緩和するアプローチについてもまとめました。

 

 

【かぶれの跡がいつまでも消えない本当の理由】

 

かゆみなどの症状が落ち着いているのに炎症の跡だけがいつまでも消えないのは、湿疹に対し軽症のうちに対処せず長期間放置した結果皮膚の奥深くまで定着してしまったためだと考えることができます。
やけどのケロイドがいっこうに消えないのも同じメカニズムで、いったん沈着が進んでしまうと軽いアプローチでは消えない状態になり、薬などによる対処法ではなかなか元の状態に戻すのは難しいと言われています。
ただし、レーザー照射などの外科的アプローチを活用すれば段階的に目立たなくすることは充分に可能です。

 

スポンサーリンク

【かぶれの跡が消えない部位】

 

表に出ている部位に湿疹ができるとどうしても目立ちますし、その後の対処にも困りますよね。
かぶれが広範囲にわたるほどすぐには消えないで皮膚に残りやすくなり、ますます悪循環が生じてしまいます。
とくに顔や腕に湿疹が残った場合、洋服などでも隠すことが難しく、対処法を模索している人も多いようです。
隠す方向性のアプローチは確かに最も簡単ですが、より効果のある対処法は湿疹ができにくい生活習慣を心がけることです。
湿疹は汗が長時間たまることによって起きやすくなるため、普段から風通しのよい服を着る、同じ姿勢を長い時間つづけない、皮膚をつねに清潔に保つなどの対処法をつづけることにより湿疹そのものをできにくくすることができます。

 

 

女性の場合はとくに、しつこく残るかぶれの跡は気になりますし、できる部位によっては対処に困るものです。
最も根本的なアプローチは湿疹そのものをできにくくすることで、汗の刺激によって悪化するタイプの湿疹については、皮膚を清潔に保つなどの対処法がとても有効とされています。
ただ、アトピー性皮膚炎などによる湿疹は発生するメカニズムが異なるため、それぞれに適したアプローチを考える必要があります。

スポンサーリンク