口の周り かぶれ 原因 対処

口の周りがかぶれてしまう原因と対処

スポンサーリンク

口の周りがかぶれてカサカサになっていませんか。
ここでは、原因と対処を探っていきます。

 

 

【口の周りがかぶれる原因】
口の周りは皮膚が薄くなっています。
そのため、刺激に弱く、病気の症状が出やすい部分でもあります。
口の周りがかぶれる原因は様々ありますが、主な原因としてはアレルギー、ストレス、乾燥や内臓疾患等があげられます。

 

 

アレルギーを引き起こす物質は沢山あります。
金属、植物、食物や調味料等でも発症します。
アレルギーの原因となるアレルゲンとなる物質が多いので、病院で検査してもなかなか特定できません。

 

 

ストレスや癖で口の周りを舐めてしまう方も注意が必要です。
頻繁に刺激を与えるとかぶれてしまうので、良くありません。

 

 

乾燥もかぶれの大きな原因です。
薄い皮膚は、水分を保持する力も弱いので、乾燥に弱いのです。

 

 

意外なところでは、内臓疾患もかぶれの原因となります。
内臓がきちんと役目を果たしていないと、体内に溜まった毒素が皮膚から外に出てきて刺激を与えます。
偏った食生活や、コーヒー、刺激物のとりすぎが内臓を弱らせます。

 

スポンサーリンク

【口の周りのかぶれへの対処】
以下、原因ごとの対処を見ていきます。

 

 

アレルギーの場合には、アレルゲンを摂取しないようにしないとなりません。
時間はかかるかもしれませんが、病院で検査を受けてアレルゲンを特定し、きちんと対処してください。

 

 

ストレスの場合には、ストレスに対処することが肝心です。
ストレスによって特定の部位に刺激を与え続けていないかもチェックしてみてください。

 

 

乾燥の場合には、皮膚を乾燥させないように、保湿剤を使って対処して下さい。
乾燥器を使用するのも有効です。

 

 

内臓疾患の場合は、基本的には医師の診察を受けることが必要です。
自分でできる対処としては、食生活の改善があげられます。
規則正しく適量を食べるようにします。
大量のコーヒーや刺激物は摂取を我慢して下さい。

 

 

口の周りは刺激に弱く、かぶれやすい場所です。
適切な予防、対処を行って、健康状態を保って下さい。

スポンサーリンク