テープ かぶれ 水ぶくれ 処置

テープ負けによるかぶれ・水ぶくれの処置

スポンサーリンク

テープ負けでかぶれたり、水ぶくれになってしまったりしたことはありませんか。
ここでは、かぶれや水ぶくれの原因と処置について見ていきます。

 

 

【テープ負けによるかぶれ・水ぶくれの原因】
テープを貼ることにで起こるかぶれ・水ぶくれの原因は、大きく2つに分けて、刺激されることによって起こる場合と、アレルギーが原因によって引き起こされます。

 

 

刺激によっておこるかぶれは、絆創膏やテープを貼っていた場所の皮膚が剥がす際に同時にはがれてしまうことが要因となります。
そして、貼り付ける際に引っ張ってしまうことになり、皮膚が引き伸ばされることが引き金となり、炎症が起こると考えられます。
さらに、何度もはがしたり貼り付ることを行うと、より刺激されることになるため、皮膚にトラブルが起こりやすくなります。
こういったケースは、皮膚を伸ばさないように貼り付けることやはがし方に留意ことで、トラブルを起こすことを防ぐことが可能となります。

 

 

アレルギーによって引き起こされケースとは、テープに含有されている粘着のための物質や消毒のための物質が引き金となります。
それらの成分でアレルギー反応をおこし、皮膚が赤くなったり湿疹ができかぶれたり水ぶくれができたりしてしまうのです。

 

 

スポンサーリンク

【テープ負けによるかぶれ・水ぶくれの処置】
テープ負けによるかぶれ・水ぶくれの処置ですが、刺激によるものも、アレルギー反応によるものも、医師の治療を受けられなくても、薬局の薬で処置をすることで効果を得ることが可能です。

 

 

薬局で薬を購入する場合、軟膏の成分にステロイドが含有されている商品を選ぶようにすることで処置を行えます。
その場所が乾いていれば、ガーゼ等で傷をかぶせなるべく乾燥させないようにします。
薬を塗り続けると2〜3日で患部が綺麗になります。
ガーゼ吸収しきれないような水ぶくれには、吸収剤を使ってください。
新しい吸収剤は非常に性能が良いです。

 

 

ガーゼの上から薄型の防水フィルムを貼るのも有効な処置です。
入浴しても患部が水に濡れず、清潔に保てます。

 

 

市販薬で処置してもなかなか改善されない場合は、皮膚科を受診するようにしてください。

 

 

テープ負けによるかぶれ・水ぶくれの処置は、いったん市販のステロイド剤軟膏を試してみてください。
効果がないようでしたら、皮膚科の受診をお勧めします。

スポンサーリンク