脇 かぶれ 薬

脇のかぶれは薬で治せる!家庭でできる対処法

スポンサーリンク

かぶれによるかゆみが出やすい部位は、頭部、腹部、臀部、そして脇だと言われています。
とくに女性の場合は脇の下が第2のデリケートゾーンとも言えるため、かぶれが出ていても相談しにくいようです。
脇のかぶれの特徴と効果的な薬についてまとめています。

 

 

【脇のかぶれの原因と薬での治療】

 

脇のかぶれの原因としておもに挙げられるのは、汗による刺激とカミソリ負けです。
とくに夏場は汗を大量にかくことが多いため湿疹が悪化しやすく、皮膚が乾燥してしまうこともあります。
湿疹は基本的に薬で治すことができ、病院に行くとゲンタシン軟膏などが処方されます。
ゲンタシン軟膏は脇の湿疹以外にも、虫さされやストレス性皮膚炎などにも効果があり、処方薬としては一般的な部類になります。

 

スポンサーリンク

【冬場も要注意!寒くても湿疹ができる理由】

 

汗によるかぶれは夏場特有の症状ではありません。
冬場は防寒のために洋服を何枚も着込み、その結果として熱気が内部にいつまでもこもることになります。
冬場であっても1日にかく汗の量は一定であるとされ、オフィスでのデスクワークを毎日長時間つづけているとそれだけ皮膚が汗にさらされる時間も長くなります。
重度の湿疹は作用の強い薬で抑えることになりますが、その分副作用も強く、他の部位への影響が無視できなくなる場合があります。
薬による作用はかゆみがどうしても我慢できない時だけにしておき、生活習慣の見直しによって対処するのが基本です。
通気性の良い服を着るようにするだけでも皮膚トラブルのリスクは下がり、かゆみに悩まされることも少なくなると言われています。

 

 

脇は普段から汗がたまりやすい部位のため、かぶれがひどくなりやすい部位として知られています。
ゲンタシン軟膏などの薬を使えば症状はやわらぎますが、あまり作用の強い薬を使うと副作用のほうが大きくなってしまい、かえって身体に悪影響を与えてしまう場合があります。
薬で対処する場合は安易に自己判断をせず、医師とよく相談したうえで最適な治療法を考えましょう。

スポンサーリンク