かぶれ 対処 冷やす

かぶれの対処は冷やすこと

スポンサーリンク

肌がかぶれてしまった場合、冷やすことで対処できます。

 

 

【肌のかぶれ】
肌は様々トラブルを起こしてしまいます。
その中の1つにかぶれがあります。

 

 

原因には大きく分けて二つあります。
何らかの物質が皮膚に接触することでおきる接触性、特定の物質にアレルギーを持っている人だけにおきるアレルギー性がその代表です。

 

 

この症状は皮膚に痒みがはしり、ぼつぼつと湿疹や腫れ、赤みや熱を持つこともあります。
痒くてつい掻いてしまいますが、掻くと余計に痒みが強くなり症状が悪化してしまいます。

 

 

かぶれが起きる原因は様々ありますが、主に外部から刺激を受けることによって発症します。
洗剤、化粧品、貴金属、自分の汗、髪の毛や植物等、原因となるものはとても沢山あります。
自身の場合、何が原因となって症状が出てしまうのかを知っておくと防ぐことができます。

 

 

かぶれへの対処として冷やす方法が効果的です。
以降で見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

【かぶれの対処】
かぶれが出てしまうと痒みが強くなったり、あるいは赤くなったり湿疹がでてきます。
早く対処しないと、人によってはとても痒みが強くなってしまい、かいたところが熱を帯びるようになって、化膿してさらに悪化して広がっていきます。
そのような状態を放置してしまうと完治が遅くなり跡が残る場合もあります。

 

 

痒みを抑える薬を使うのが対処に効果的です。
ただし、家に薬を置いていないこともあるでしょう。
夜中など痒くて眠れない場合には、痒みへの対処として、氷などで患部を冷やすと腫れ、痒みや熱を抑制できるので良いです。
冷やすことにより、血管を収縮させ、余分な水分を排出するので、腫れが引いて行くのです。
また、熱を持っているときは痒みを強く感じやすいので、それを抑えるためにも冷やすことが重要です。

 

 

身体が温まることによって痒みが強くなる事も多いので、かぶれの症状がでている時は長湯などは避けてシャワーをさっと浴びる方が症状に対処できます。
冷やすことによって、症状が治まることもあります。

 

 

肌のかぶれは、冷やすことで対処できますが、治まったあとに念のために皮膚科の受診をお勧めします。

スポンサーリンク