ヘア カラー かぶれ 治療 薬

ヘアカラーによってかぶれた場合に治療する薬

スポンサーリンク

ヘアカラーによってかぶれてしまった場合、どんな薬で治療すればいいでしょうか。

 

 

【ヘアカラーによるかぶれ】
ヘアカラーによるかぶれとは、頭皮、髪の生え際、ヘアカラーの液剤がまぶたや額や耳の後ろ、そして首すじといった箇所に触れたり、髪を洗う際、すすぎ液が触れてしまった場所に、かゆみや皮膚の赤み、腫れや欲し等の皮膚の炎症状があらわれることです。
今まで問題なくヘアカラーを使っていた方も、突然、ヘアカラーでかぶれてしまうケースもあります。

 

 

かぶれは、詳しくは接触皮膚炎といい、原因物質の皮膚への接触で起こる皮膚炎のことを指します。
この接触皮膚炎は、刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎の2種類に分類できます。
刺激性接触皮膚炎というのは、刺激物質が皮膚に付着したときに、表皮の細胞が刺激を受けることによって生じる皮膚炎です。

 

 

アレルギー性接触皮膚炎は、皮膚がアレルギー反応を何度も起こすことにより、ごくまれに重篤な症状あらわれる場合がありますので、早期に受診をすることが大切です。
きちんとした治療をすれば、アレルギー性皮膚炎よりも、比較的早期に回復します。

 

 

アレルギー性接触皮膚炎とは、酸化染料がアレルゲンとなって発症する皮膚炎です。
アレルギー性接触皮膚炎は、アレルギー反応を繰り返すことで、まれに重い症状が起こったりすることがありますので、早期に治療することが必要です。

 

 

スポンサーリンク

【ヘアカラーによるかぶれの治療薬】
かぶれに効く薬ですが、やはりステロイド外用薬が治療効果が高いです。
ただ、ステロイド系に関して気になる人は、非ステロイド系消炎剤でも治療効果があるものもあります。

 

 

市販薬を購入して処方する人もいますが、やはり皮膚科を受診して治療する方が安全です。
ただ、どうしても市販薬を試したいという場合は、ブフェキサマク、あるいは、ウフェナマート等も治療に効果があるとされています。

 

 

頭皮から顔まで腫れが広がっているようであれば、個人で対処せずに、やはり皮膚科の受診と薬の投与をお勧めします。

 

 

ヘアカラーによるアレルギーは一生続きます。
一度アレルギー性皮膚炎になってしまった場合は、二度と使わないように注意して下さい。

スポンサーリンク