まぶた かぶれ 原因 対処

まぶたがかぶれた場合の原因と対処

スポンサーリンク

まぶたがかぶれてしまった場合の原因と対処を見ていきます。

 

 

【まぶたがかぶれる原因】
大きく以下の5つがあります。

 

 

第一は、接触性皮膚炎です。
皮膚に異物が触れることが原因で起こる炎症やかゆみのことです。
女性の場合、ほとんどは化粧品に含まれる成分による化粧品かぶれです。
また、化粧品自体だけではなく化粧道具が刺激となって肌トラブルが起きる場合もあります。

 

 

第二は、花粉症皮膚炎です。
花粉が皮膚に接触することが原因で、アレルギーによりまぶたが赤く腫れたりかゆくなります。
接触性皮膚炎という疾患の一種ではありますが、花粉が飛散する期間だけ炎症が現れることが特徴だといえます。
そしてアトピー性皮膚炎の持病がある人は花粉が触れることによって炎症が悪化することが多いという研究報告も出ています。

 

 

第三は、乾燥によるかさつきです。
まぶたの皮膚は他の部分よりも薄く乾燥しやすいデリケートな部分です。
ですので、顔を頻繁に洗いすぎたり、また逆に不足したり、保湿が不十分といったことがあった場合、皮膚の表面部分が乾燥してしまい、水分が減って刺激で炎症などが起こることが多くなります。

 

 

第四は、ストレスです。
乾燥しやすい肌質の方や、アトピーなど皮膚疾患がもともとある方ですと、心因性ストレスによって、まぶたにかゆみや炎症が起こることもあります。
また、ストレスによって自律神経の働きが狂ってしまい、それが原因となって涙の分泌が少なくなることでかゆみがおこることもあります。

 

 

第五は、眼瞼ヘルペスです。
体の免疫力が落ちた際に起こる症状であり、体のあらゆるところに生じますが、その中でもまぶたに現れるヘルペスのことを眼瞼ヘルペスと言います。
最悪の場合は失明することもあるので、個人で対処せずに、すぐに皮膚科を受診してください。

 

 

スポンサーリンク

【かぶれの対処】
かぶれの対応策として、まずメイクをする回数を減らすことが挙げられます。
化粧品によって引き起こされるかぶれはもちろんのこと、他の原因が考えられるケースでも化粧品によって刺激されると、かぶれが悪化させる要因となりえります。

 

 

皮膚科ではかゆみや炎症を和らげる薬が処方されることが多いですが、この薬はあくまでも症状をとるためだけの対処なので完治させるには原因そのものを取り除くことが大事です。

 

 

症状が比較的軽い場合は、まぶたの部分を冷やし、保湿に努めるという対処でも、症状が治まりやすくなります。
患部を冷やす際には、直接氷や保冷剤などを押し当てることは避け、タオルに保湿剤などをくるんで間接的に冷やすことが対処法として推奨されます。

 

 

かぶれの原因と対処をみてきましたが、まずは、かぶれないように、紫外線対策や保湿に気を配りましょう。

スポンサーリンク