おしり かぶれ 薬 大人

気になるおしりのかぶれ!大人と子どもで薬が違う?

スポンサーリンク

汗をかくことの多い梅雨時期から真夏にかけては、おしりのかぶれが気になる季節です。
プライベートゾーンであるだけに、なかなか人には相談しにくいですよね。
おしりのかぶれに効果的な薬はあるのでしょうか。
また、大人と子どもでは使うべき薬が違うのでしょうか。
かぶれの対処法についてまとめました。

 

 

【大人のおしりがかぶれやすくなる生活習慣】

 

おしりは基本的に一日中下着で覆われているため、腕や脚、顔などよりもかぶれやすい部位だと言われています。
とくに大人の場合、デスクワークなどで長時間座りっぱなしになることが多く、ちょっとしたかぶれがいつの間にか重症化してしまうことも少なくありません。
長時間のデスクワークを控える、できるだけ通気性の良い下着を着用するなど、日頃の生活習慣を少し見直すことでかぶれはかなり改善します。
薬で治療することも可能で、処方薬としてはアンテベート軟膏やリンデロン軟膏、市販薬ではベトネベート軟膏などが有効だとされています。

 

スポンサーリンク

【大人だけじゃない!注意したい子どものおしりかぶれ】
おしりの痒みに悩むのは大人だけではありません。
乳幼児の湿疹もまた夏にかけて増える疾患であり、保護者としては注意したいところでもあります。
乳幼児の場合、かぶれの原因となるのはおむつです。
紙おむつは通気性に配慮してつくられていますが、それでも汗をかくとむれやすく、尿を放置したまま長時間取り替えずにいるとさらに湿疹ができやすくなります。
乳幼児は皮膚が弱いため、大人が使うような作用の強いステロイド薬などは基本的に使えません。
なるべく作用の弱い薬を選ぶことになりますが、中には思わぬ副作用を生じるものも少なくないため、安易に使うのはやめましょう。

 

 

おしりは刺激に敏感な部位のため、いったん湿疹ができると夜も眠れないほどのかゆみに襲われることもあります。
大人と子どもでは治療に使われる薬も違い、子どもの場合は比較的作用の弱い軟膏が使われることが多いようです。

スポンサーリンク