とびひ 大人 原因 治療

大人のとびひの原因と医師の元での治療の理由

スポンサーリンク

正式名称である伝染性化膿疹は、とびひとして、子供たちだけの病気ではありません。
大人でも感染する可能性があり、重症化してしまうことも出てきます。
子供たちとは違う症状も出てくる上、原因も違うことがありますので、専門の治療が必要となるのです。

 

 

【大人でなりやすい痂皮性化膿疹】
とびひには、3つの種類が考えられます。
原因も異なり、治療法も異なりますが、主になりやすいのは痂皮性膿痂疹です。
免疫の低下が原因でなってしまうもので、子供たちがなりやすい水泡性化膿疹の黄色ブドウ球菌とは異なります。
溶連菌が原因となっていることが多く、季節も関係ありません。

 

 

【重症化する可能性】
痂皮性化膿疹の場合、肌のバリア機能が落ちてしまっているときにA群β溶血性連鎖球菌が侵入し、腫れるところから始まります。
膿ができるようになり、水膨れとなりますが、それが厚いかさぶたを作りだし広がっていくところが特徴です。
大人の場合には重症化しやすく、炎症だけではなく、強い痛みも伴い、発熱やのどの痛みも見られます。
特にアトピー性皮膚炎を持つ人が、合併症となり悪化が急速に進む特徴が問題です。
ごく稀ですが、腎障害を併発することもあり、敗血症にまで発展することもあるため、命にかかわることも考えられます。

 

スポンサーリンク

【大人とびひの治療】
大人のとびひの治療も、子供と同様におこなわれます。
軽度の場合には塗り薬となりますが、溶連菌が原因の場合には、抗生物質や点滴もおこなうことも考えなければいけません。
腎障害を併発する可能性も考慮し、とびひだからこそ病院で治療をすることが重要です。

 

 

【市販薬での治療の問題】
大人の治療の場合には、とびひ用の市販薬を選択するということも考えるでしょう。
ですが、治療としては原因を突き止めていない状態での汎用的な方法となってしまいます。
非常に危険な面も持っているため、病院で治療することが重要です。
完治を考えれば、原因に合わせた抗菌薬が必要となることを考えるべきでしょう。

 

 

大人の場合、とびひを原因とした法律的な定めがあるわけではありませんが、周囲に感染しない配慮はするべきです。
時に他の人と接触するような場合には、完治する前控えることが重要でしょう。

スポンサーリンク