とびひ うつる プール

とびひはプールでうつるのか

スポンサーリンク

とびひということを考えると、感染症ということはわかっても、学校や幼稚園に言ってはいけないという病気ではありません。
第3種感染症ということになりますが、そうなるとプールなどはどうしたらいいのかということになってくるでしょう。

 

 

【幼稚園の登園も控える】
とびひの症状のひとつに、うつるということが挙げられます。
皮膚が乾燥している状態かガーゼでカバーできる状態になっていれば、感染を防ぐことができるでしょう。
ですが、子供たちにそこまでのカバーができるのかということが問題です。
手洗いなどが不十分な状態だと、周囲にも感染させてうつる可能性があることから、幼稚園などでは登園を控えるべきとしています。

 

 

【プールはとびひがうつる】
うつる可能性が高いとびひですが、小学校や中学校では、出席停止とまではなっていません。
ですが、症状が重い場合には、どうしても掻いてしまう可能性もありますし、何かで接触して移るケースがあるため、早期に医師の診断を受けて対処を考える方が重要でしょう。
それだけの感染力を持っているため、プールに入るというのもうつる可能性を高めます。

 

スポンサーリンク

【医師の許可がないとは入れないことも】
日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会では、プールなどは非常にうつる可能性が高いとしているところも重要です。
プールに入ること自体を禁止としている見解を統一して出しており、医師が許可を出すまでは入らないということが重要となってくるでしょう。
学校によっては、完治したことの証明書を得るまでは、プールにいれないとしているところもあります。

 

 

【お風呂も気をつけること】
プールでもうつる可能性のある強い感染力を持っているため、とびひは家庭のケアも重要です。
プール同様に、お風呂で大人にうつる可能性もありますので、とびひの水泡が皮膚表面に確認できる間は、シャワーにしておいた方が良いでしょう。

 

 

とびひは、非常に感染力が強いため、水による間接的な接触も危険です。
自己判断でおこなうと、被害を広げることにもなりますので、必ず医師の判断を仰ぎ、プールも利用するようにしなければいけません。

スポンサーリンク