とびひ 薬 ステロイド 注意点

とびひに効果のあるステロイド薬の注意点とは

スポンサーリンク

とびひにかかってしまった子どもは本当に辛そうで見てられません。
痒みがあったり痛みがあったりするので、睡眠時間も短く、しっかりと眠る事ができませんし、ひっかいてしまうため、どうしても他の部分に感染箇所が広がってしまいます。
その為、とびひにはテラコートリルなどのステロイド系の薬を塗布し、痛みやかゆみを抑える治療法が取られております。

 

 

【とびひに効果のあるステロイド系の薬とは】
ステロイド系の薬は、美容師さんが手荒れを抑えるために使ったり、アトピーの方が炎症を抑えるために使うなど、肌荒れに非常に効果のある薬です。
とびひの場合には、症状に合わせて強さを抑えた薬であったり、抗菌剤を混ぜたものが処方されます。
特に2017年の3月現在において、とびひの治療にテラコートリルの使用頻度は高く、細菌感染を防ぐために抗生物質であるオキシテトラサイクリンという成分も配合している上に、ステロイドは最低限しか含まれておりませんので安心して使用する事ができますが、副作用もありますので注意点などをしっかりと確認しておく必要があります。

 

スポンサーリンク

【とびひに効果のあるステロイド薬の注意点】
良いイメージを持っている方の多いステロイド剤ですが、実は副作用などもありますので、事前にしっかりと確認しておく必要があります。
特にステロイドには大きな副作用が二点ありますので、大事な注意点として把握するようにしてください。
注意点の一つ目は、皮膚の菲薄化です。
皮膚の湿疹や炎症などを抑える効果がありますが、同時に皮膚の細胞を増やすのも抑えてしまいます。
その為、肌がカサカサしてしまったり、直ぐに血が出やすくなるといった注意点があります。
二つ目の注意点は、毛細血管拡張です。
毛細血管拡張によって肌が赤くなってしまいます。
女性の方でしたら化粧でカバーしきれない程の赤ら顔になってしまいます。

 

 

とびひに効果のあるテラコートリルなどのステロイド薬を使用する場合には、ステロイドが少量しか含まれていないとしても、注意点をしっかりと確認し、なんらかの不具合が生じた時には、直ぐに適切な対処が取れるように準備しておく事も重要になります。

スポンサーリンク