とびひ 症状 発熱

とびひの症状で発熱した場合には

スポンサーリンク

夏はプールにカブトムシに花火にお祭りと子どもにとって楽しい事だらけのイベントが目白押しなのですが、夏こそ気を付けたいとびひという病気があります。
色々な症状が出る病気ですが、あまり知られておりませんので初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。

 

 

【とびひとは】
そもそもこのとびひがどのような症状の出る病気なのかと言うと、感染すると患部に水泡ができ、この水泡がかなりの痒みを伴います。
子どもがあまりの痒さでひっかいてしまうと中に溜まっている黄色ブドウ球菌が指先や爪の間についてしまいます。
黄色ブドウ球菌が触れている指先で他の部分に触れてしまうと、また感染してしまう病気になります。
症状が重い場合には発熱してしまう子どももいますので注意が必要になります。

 

 

【発熱したら要注意】
とびひが原因で発熱したら要注意です。
というのも、発熱してしまった時にはかなり重度になっている兆候だからです。
とびひに感染している場所が増えてしまうと、37度以上も発熱するケースもあります。
この発熱している状態と言うのはとびひの中でもかなり重いブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群という病気で、以前でしたら命も危ぶまれるような病気だったのですが、今では、早期の段階で抗生物質を服用すれば、重症化を防ぐ事ができます。

 

スポンサーリンク

【夏だけでなく】
じつはとびひの症状は、何も夏だけではありません。
冬でも症状が現れる場合もあります。
その為、小さなお子様のいるご家庭の場合には、一緒にお風呂に入る時などに脇の下などの見えにくい部分も含めて、こまめに症状が現れていないかをチェックしてください。
もし、症状が見られたら自分で判断せずに早目に病院へ行き、専門家の意見を聞くようにしてください。
早期でしたらブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群の症状で発熱する前に症状を抑える事ができます。

 

 

とびひは子どもだけでなく大人にも感染します。
子どもがなってしまった場合には、お風呂の順番であったり、ケアなどをしっかりと行いつつ。
子どもに触れた後の手をしっかりと消毒するようにしてください。

スポンサーリンク