とびひ ガーゼ 包帯

とびひにはガーゼや包帯が有効です

スポンサーリンク

ちいさいお子様の居るご家庭では、様々な病気に対して敏感にならなければいけませんし、様々な病気に対しての知識も必要になります。
中でも小さいお子様をお持ちのご家庭の方には、とびひは注意しなければいけません。

 

 

【とびひとは】
とびひという病名は通称で、性格には伝染性膿痂疹という伝染性の皮膚病です。
かゆみのでる病気ですので、ひっかいた手で他の所に触れるとその部位に伝染してしまいます。
また、浴槽につかった後のお湯でも感染してしまいますのでご家庭でも注意して過ごす必要があります。

 

 

【ガーゼや包帯を使ったとびひの治療】
とびひの症状がある場合には、他の方に感染させないように、患部をガーゼや包帯で覆わないといけません。
幼稚園や保育園にそのままの姿で登園させてしまうと、他の子供にも感染してしまう可能性がありますのでしっかりと、ガーゼや包帯で覆い、汁などが他に飛ばないようなケアをする必要があります。
腕や足、顔など複数の部位に症状があらわていて、ガーゼや包帯だけではケアしきれない場合や、汁の量が多くてガーゼや包帯だけではカバーしきれない場合、鼻の穴の中や口の中などガーゼや包帯で覆う事ができないような部位に症状が現れているような場合には、幼稚園や保育園は、とびひの症状が治まるまでは登園する事が出来ません。

 

スポンサーリンク

【ガーゼや包帯の貼り方】
ガーゼなどを使用する前に、しっかりと患部の汗や汚れを洗い流してください。
その際に、覆う物を濡らさないようにしっかりと水分を拭き取ります。
その後に、テラコートリルなどのステロイド剤をたっぷりと塗布し、乾燥しないように包帯などで覆い、めくれないように固定して完成です。

 

 

とびひは見た目もかなり悪くなりますのでしっかりと覆うのがマナーになります。
しかし、かなりの痒みがでてしまう可能性がありますので、痒くてひっかいてしまうような場合には、少し集めに覆うようにして、他に感染しないような注意を行うのが必要になります。

スポンサーリンク