水疱瘡 かゆみ ピーク

水疱瘡のかゆみ対策!ピーク時の対応方法

スポンサーリンク

水疱瘡の症状というのは発疹とともに水ぶくれを伴いますので痒いのと痛みが起こります。
多くの場合は子どもが感染する病気です。
10歳までの間におよそ90%ほどの人が感染します。
特に1歳から4歳までに感染しやすいと言われ、人にうつるため学校や園で流行することもあります。

 

かゆみが長く続きますのでいつまでかと思うかもしれません。
ピークについてお話していきましょう。
症状の出方についてはまず発熱の症状が現れます。
発熱は38度前後と言われていますが微熱であることもあったりと人によっても異なります。
その後、発疹の症状が現れ、すぐに全身へと広がり数時間で水ぶくれに変わります。

 

かゆみのピークというのはこの辺りではないでしょうか。
おおよそ発症してから1日から2日ほどで全身へ広がり水ぶくれに変わっていく頃が一番ひどい時期であると言えます。
そのあとも水ぶくれになり、徐々にかさぶたへと変わっていきます。
このかさぶたになるまでが一番痒い時期になります。

スポンサーリンク

かさぶたになるまでにはおおよそ1週間と言われています。
かさぶたになってから完全にはがれ落ちるまでにはおよそ3週間ほどかかりますので完治まではかゆみが続きます。
緩和させる方法は病院での処方箋が一番です。
抗ウイルス剤とともにカチリという塗り薬が処方されます。

 

早く治すためには水ぶくれを破かないようにする必要があります。
破かさないようにして塗り薬を水ぶくれにひとつずつ塗っていきましょう。
ピークに達してしまいかゆみで夜も眠れないほどの場合にはかゆみ止めを処方してもらうようにしましょう。

 

患部は清潔にしておくことが一番です。
そのためシャワーに入ることも必要です。
何日か経過したのちにシャワーを浴びて清潔にすることでも化膿することを防ぐことが出来ますので清潔にすることが一番です。

 

治療方法はこのようなことがありますので我慢できない場合には冷やすことでも一時的に症状を緩和させることが出来ます。
氷などをタオルなどで包み、凍傷にならないように注意して冷やすことも効果的です。
これらのことに注意してピークを乗り越えましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

水疱瘡でかさぶたにならない発疹の可能性もある?その注意点について
水疱瘡はプールで感染する!?そのルートとは??
水疱瘡の流行する時期とは!?その予防法は?
水疱瘡と蕁麻疹の違いとは!?大きく異なります。
水疱瘡で痛みが起こっている場合の対処法
子供が水疱瘡に!薬を飲まない場合のオススメ対処方法
水疱瘡を感染すると外出は禁止!いつからOK?
水疱瘡でのお風呂対策!感染させない方法とは!?
大人が水疱瘡に感染…2回目は危険!その症状と対処方法
水疱瘡の潜伏期間は長い!外出すると周りに影響はある?
妊婦の水疱瘡は要注意!抗体のあり、なしを判断しましょう!
水疱瘡の完治の目安は!?かさぶたが取れるまで!
水疱瘡の症状で熱なし?違う病気の可能性も??
水疱瘡の予防接種の注意点!副作用は発熱!?他の症状は?
水疱瘡は予防接種してもかかる!その重要性とは!?
水疱瘡かも?大量の発疹が…!水疱にならないための対処方法
水疱瘡で手のひらが治りにくい!オススメ対処方法!
水疱瘡のウイルスの寿命について、体の中や外でも生きられるのか!?
水疱瘡の発疹が少ない場合の対応!病院へ行った方がいい??
大人の水疱瘡は軽い!?そんなことはない…早めの対処が重要です!
大人の水疱瘡は熱が出ない!?その理由とは??
大人の水疱瘡はコワい!その感染率とは!?
水疱瘡で失明する可能性がある!目の中の異常とは!?
水疱瘡の治療で市販の塗り薬。使用する際の注意点とは!?
水疱瘡でプールに入れるのはいつから?感染させないようにしましょう!
水疱瘡は皮膚科?小児科?オススメはコチラ!
大人の水疱瘡…病院は何科へ行けばいい??
水疱瘡の跡に膨らみが出来たときの対処方法
大人の水疱瘡の入院期間!髄膜炎を併発する可能性もある!