とびひ うつる 友達

とびひは友達にうつる可能性がある!?予防法とは!?

スポンサーリンク

とびひはその広がってく様子から火事に例えられています。
火の粉が飛んで他の場所へ飛び火していく様子ににていることから「とびひ」と呼ばれるようになりました。

 

しかしその様子は自分の身体だけで起こるわけではないのです。

 

家族や友達にも広がってしまうケースがあります。
学校や園ではひどいとびひの場合には登校をしないように言われるところもあります。

 

他の人や友達にうつさないようにする為には大切な措置ですね!!

 

しかし疑われるだけで症状が軽いような場合には患部をガーゼや包帯でガードして、うつさないように処置をしていれば登校が許可されるケースもありますので、医師と学校に相談しましょう。

 

その感染経路は主に直接感染と呼ばれるものです。
空気感染してしまうおたふくかぜやインフルエンザとは違い、その二つなどの病気よりは感染する可能性は低くなっています。

 

直接感染とは感染している肌と他の人の傷口が直接触れてしまったり、共用のタオルや衣類などから感染源となります。

スポンサーリンク

出来る限り別々のタオルを使用するようにしてください。

 

とびひを他の人にうつしてしまうのはよく思われないと思いますので対策を立てるようにすれば感染源は減らせますので注意するようにしましょう。

 

とびひにならないようにはどのようにすればいいのでしょうか??

 

とびひは虫刺されやあせもなどの傷口から皮膚に細菌が入り込み毒素を出されることによって発症します。
虫刺されやあせもは出来るだけすぐに対処するようにしてください。

 

掻き毟っているような場合も注意が必要です。
汗はすぐに拭けばあせもは出来ずらくなります。

 

子供が掻き毟っているような場合は病院へ行くようにしましょう。
シャワーを浴びることもあせもにならないようにすることが出来ますので拭く、もしくはシャワーを浴びましょう。

 

このような対策をすることによって予防することが出来ます。

 

原因を取り除いてあげればうつす心配もなくなりますので安心です。
発症しても友達と遊ばせたいなどの事情がある場合には病院へ相談するようにしてください。

スポンサーリンク