水疱瘡 発疹 少ない 病院

水疱瘡の発疹が少ない場合の対応!病院へ行った方がいい??

スポンサーリンク

水疱瘡というのは多くの場合は子どもが発症する病気です。
しかし大人も感染する可能性がありますので注意が必要です。
その症状というのは皮膚に異常が現れます。
発疹から水ぶくれになりやがてかさぶたになります。

 

ただし発疹が少ない場合も存在します。
これは予防接種を受けたからだと考えられます。
予防接種を受けることによって症状が軽くなったり、感染しても症状が現れない場合もあります。
しかしこの場合にも病院へ行くことは必要と考えましょう。
なぜなら発熱がない場合や発疹が少ない場合にも感染する可能性は失われていません。
特に学校や園へ行くことは避けることが必要となる病気です。
また水疱瘡と診断された場合には再度登校することは医師の許可が必要になることもあります。
診断書を提出しなければならない場合もあります。

 

感染力がとても強い病気ですので発症して症状が軽い場合にも他の子にはうつります。
また他の子が症状が軽いわけではありませんので感染させないように注意することが必要です。

スポンサーリンク

感染のルートというのは会話からの唾液による飛沫感染、咳やくしゃみなどによって飛散したウイルスを吸い込む空気感染、感染者がウイルスが付着した手で触ったものを触り、口や鼻、粘膜などから感染する直接感染があります。
症状が軽い場合には病院での治療方法は医師によっても異なりますが薬が出ないこともあります。

 

水疱瘡の治療方法というのは抗ウイルス剤、かゆみ止め、解熱剤などを使用して行っていきます。
症状が強く出ている場合には使用することが多いのですが、発疹が少ない場合には抗ウイルス剤を使用しないこともあります。
ただし症状が出てからの2日以内であればウイルスの増殖を抑えることが大幅に上がりますので処方される可能性もあります。

 

一度感染していれば症状の重い軽い問わずに抗体はできていますので安心しましょう。
心配であれば病院で抗体検査を受けることもできますので受けましょう。
症状が軽いというのは予防接種をきちんと受けている場合に多いです。
しかしワクチンを接種していたとしても症状が重くなる可能性もありますのできちんと病院へ行くことが一番の治療法になります。

スポンサーリンク

関連ページ

水疱瘡でかさぶたにならない発疹の可能性もある?その注意点について
水疱瘡はプールで感染する!?そのルートとは??
水疱瘡の流行する時期とは!?その予防法は?
水疱瘡と蕁麻疹の違いとは!?大きく異なります。
水疱瘡で痛みが起こっている場合の対処法
子供が水疱瘡に!薬を飲まない場合のオススメ対処方法
水疱瘡を感染すると外出は禁止!いつからOK?
水疱瘡でのお風呂対策!感染させない方法とは!?
大人が水疱瘡に感染…2回目は危険!その症状と対処方法
水疱瘡の潜伏期間は長い!外出すると周りに影響はある?
妊婦の水疱瘡は要注意!抗体のあり、なしを判断しましょう!
水疱瘡の完治の目安は!?かさぶたが取れるまで!
水疱瘡の症状で熱なし?違う病気の可能性も??
水疱瘡の予防接種の注意点!副作用は発熱!?他の症状は?
水疱瘡は予防接種してもかかる!その重要性とは!?
水疱瘡かも?大量の発疹が…!水疱にならないための対処方法
水疱瘡で手のひらが治りにくい!オススメ対処方法!
水疱瘡のウイルスの寿命について、体の中や外でも生きられるのか!?
大人の水疱瘡は軽い!?そんなことはない…早めの対処が重要です!
大人の水疱瘡は熱が出ない!?その理由とは??
大人の水疱瘡はコワい!その感染率とは!?
水疱瘡で失明する可能性がある!目の中の異常とは!?
水疱瘡の治療で市販の塗り薬。使用する際の注意点とは!?
水疱瘡でプールに入れるのはいつから?感染させないようにしましょう!
水疱瘡は皮膚科?小児科?オススメはコチラ!
大人の水疱瘡…病院は何科へ行けばいい??
水疱瘡のかゆみ対策!ピーク時の対応方法
水疱瘡の跡に膨らみが出来たときの対処方法
大人の水疱瘡の入院期間!髄膜炎を併発する可能性もある!