とびひ 大人 移る 感染

とびひは大人でも移る可能性がある??その感染源とは!?

スポンサーリンク

夏場にあせもや虫刺されなどから感染する「とびひ」は子供に多く見られますが大人でも発症する場合があります。
特にとびひは火事の火の粉が飛び火して燃え広がっていく様子に似ていることから「とびひ」と言われています。

 

とびひが移る原因と感染経路についてお話していきたいと思います。

 

その原因となるものは「黄色ブドウ球菌」「化膿レンサ球菌」と呼ばれる人間の皮膚に普段からいる常駐菌があせもや虫刺されなどから皮膚に入り込み増殖する際に毒素をだすことによって炎症を起こします。

 

それらの細菌が入り込むことによって感染した皮膚が膿や汁を出すようになり水ぶくれとなります。
それが破れてただれたり、かさぶたになります。
そしてこの症状はかゆみが伴います。

 

かゆみを伴いますので掻き毟った手で他の場所を触ることによって他の場所や人にもうつっていきます。
他に人が直接患部に触ることによって菌が手に付着している状態で自分の身体のどこかに触ってしまったり、服やタオルなどの共用のものから移ってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

お風呂でも注意が必要で同じ湯船につかるのは注意してください。
プールも同じで他の人に感染させてしまう恐れがありますので避けましょう。

 

大人でもストレスが溜まっていたり、風邪をひいているような場合には免疫力が低下してきていますので移る可能性は大きくなります。
子供から大人へ、大人から子供へ、子供から子供へなどのように家族間ではうつしやすい傾向にあります。

 

また大人のとびひは治りにくいとも言われています。
出来る限り早めに治療するようにしましょう。

 

とびひの原因となる細菌を殺菌してくれる薬ですと効果が期待できます。
病院へ行き処方してもらうようにしましょう。
塗り薬と内服薬が出される場合が多いようで、痒みがひどい場合には抗ヒスタミン剤などでかゆみを抑える場合もあります。

 

やはりまずは病院へ行き、医師の判断を仰ぎましょう。
薬を使用する際には用法用量を守って使用するようにしてください。

 

大人でも注意が必要というのがわかっていただけたと思いますので皮膚の状態をみて出来る限り早めに判断できるようにしておくのが一番です。

スポンサーリンク