とびひ 薬 リンデロン 効果 副作用

とびひの薬「リンデロン」効果、副作用、塗り方について解説します

スポンサーリンク

暑い夏になるとあせもや虫刺されにによって引き起こされる病気があります。
それが「とびひ」です。

 

この病気は人から人へうつってしまうものですし、早く治したいと思いますよね!!
早く治すにはやはり薬が有効となります。

 

その中の一つの「リンデロン」についてお話していきましょう。

 

これは外用薬、いわゆる塗り薬でステロイドを含んでいます。
その種類はリンデロンvがステロイド剤でリンデロンvgはそこに抗生物質が含まれたものになっており、一般的にはvgが使用されています。

 

炎症を抑える効果が高いと言われていますが、その副作用も大きいと言われています。
とびひに感染し、家にこの薬が余っている場合には使用してしまうという人もいるかもしれませんがやめましょう。

 

この薬がジュクジュク系の水泡がない場合に使用しても大丈夫とされていて、誤った使い方をしてしまうと症状を悪化させる原因となってしまうことがありますので注意してください。

スポンサーリンク

ステロイドが原因で副作用が出るというのは皮膚へ塗った時に、皮膚から吸収されて血液に入りそれが全身へ回ることによって副作用が現れます。

 

もう一つが長期間使用していると皮膚の膠原繊維が減ってきてしまい皮膚が委縮し薄くなってしまうというものがありますが、時間とともにもとへ戻ります。

 

リンデロンの弱点はステロイドというのは皮膚の免疫力を抑えてしまうことがあるため、細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。
水泡があるような場合は余計に悪化してしまう可能性があるというのはこのためです。

 

まとめ
抗炎症作用は強いが水泡があるような場合は使用を控える、副作用がありますので広い範囲で長期間使用しないということが分かります。
使用する場合には医師の了承のもと使用してください。

 

自己判断で使用してしまうと重症化してしまう恐れもありますので注意が必要です。
悪い部分ばかりお話しましたが、症状に合わせて用法用量を守って使用すれば効果が高い薬ですので正しく使用するようにしましょう。

スポンサーリンク