「かぶれ」の症状、原因、対処、治療方法

「かぶれ」の症状、原因、対処、治療方法

かぶれの症状や原因、対処法、治療方法についてまとめています。

「かぶれ」の症状、原因、対処、治療方法記事一覧

汗をかくことの多い梅雨時期から真夏にかけては、おしりのかぶれが気になる季節です。プライベートゾーンであるだけに、なかなか人には相談しにくいですよね。おしりのかぶれに効果的な薬はあるのでしょうか。また、大人と子どもでは使うべき薬が違うのでしょうか。かぶれの対処法についてまとめました。【大人のおしりがかぶれやすくなる生活習慣】おしりは基本的に一日中下着で覆われているため、腕や脚、顔などよりもかぶれやす...

まぶたがかぶれてしまった場合の原因と対処を見ていきます。【まぶたがかぶれる原因】大きく以下の5つがあります。第一は、接触性皮膚炎です。皮膚に異物が触れることが原因で起こる炎症やかゆみのことです。女性の場合、ほとんどは化粧品に含まれる成分による化粧品かぶれです。また、化粧品自体だけではなく化粧道具が刺激となって肌トラブルが起きる場合もあります。第二は、花粉症皮膚炎です。花粉が皮膚に接触することが原因...

ピアスホールを思い切って開けてみたものの、かぶれてしまうということもあるかと思います。【ピアスホールが腫れる原因】ピアスホールを初めて開ける際にはしばらくの間清潔にしなければならない、という決まりがあります。ピアスで開いたホールはいわば、ケガをしてできた傷と同じように扱わなければならず、傷口に細菌が入り込むことでかぶれてしまったり、場合によっては化膿することもあります。病院などでホールをあけた場合...

ヘアカラーによってかぶれてしまった場合、どんな薬で治療すればいいでしょうか。【ヘアカラーによるかぶれ】ヘアカラーによるかぶれとは、頭皮、髪の生え際、ヘアカラーの液剤がまぶたや額や耳の後ろ、そして首すじといった箇所に触れたり、髪を洗う際、すすぎ液が触れてしまった場所に、かゆみや皮膚の赤み、腫れや欲し等の皮膚の炎症状があらわれることです。今まで問題なくヘアカラーを使っていた方も、突然、ヘアカラーでかぶ...

肌がかぶれてしまった場合、冷やすことで対処できます。【肌のかぶれ】肌は様々トラブルを起こしてしまいます。その中の1つにかぶれがあります。原因には大きく分けて二つあります。何らかの物質が皮膚に接触することでおきる接触性、特定の物質にアレルギーを持っている人だけにおきるアレルギー性がその代表です。この症状は皮膚に痒みがはしり、ぼつぼつと湿疹や腫れ、赤みや熱を持つこともあります。痒くてつい掻いてしまいま...

テーピングでかぶれてしまうことを防止するにはどうすればよいのでしょうか。【テーピングによるかぶれ】テーピングを貼ったらかぶれてしまったり、痒くなってしまったり、ひどい場合だと水泡ができてしまった等の経験をしたことがある方がいるのではないでしょうか。かぶれるのは、主に以下の5つの原因が考えられます。第一には、接触性皮膚炎です。テーピングの素材や粘着物質により皮膚が刺激されたときに、アレルギー反応が起...

唇がかぶれてカサカサになっていませんか。ここでは、原因と対処を探っていきます。【唇がかぶれる原因】唇は皮膚が薄いので、水分を保持する角質層も薄く、また皮脂を分泌する皮脂腺もないので、そもそも乾燥して荒れやすい場所です。軽い乾燥によるかぶれから、大きく皮がめくれ乾燥が強くなり、ひどくなれば唇が腫れて皮膚との境界部にブツブツが出てきます。周りの皮膚まで赤くかぶれてくることもあります。唇のかぶれの原因は...

かぶれによるかゆみが出やすい部位は、頭部、腹部、臀部、そして脇だと言われています。とくに女性の場合は脇の下が第2のデリケートゾーンとも言えるため、かぶれが出ていても相談しにくいようです。脇のかぶれの特徴と効果的な薬についてまとめています。【脇のかぶれの原因と薬での治療】脇のかぶれの原因としておもに挙げられるのは、汗による刺激とカミソリ負けです。とくに夏場は汗を大量にかくことが多いため湿疹が悪化しや...

テープ負けでかぶれたり、水ぶくれになってしまったりしたことはありませんか。ここでは、かぶれや水ぶくれの原因と処置について見ていきます。【テープ負けによるかぶれ・水ぶくれの原因】テープを貼ることにで起こるかぶれ・水ぶくれの原因は、大きく2つに分けて、刺激されることによって起こる場合と、アレルギーが原因によって引き起こされます。刺激によっておこるかぶれは、絆創膏やテープを貼っていた場所の皮膚が剥がす際...

かぶれがひどくなると、まれに患部から汁が出る症状が表れる場合があります。汗とはまた違う分泌物のため、慣れないうちは対処法に戸惑ってしまう人も多いかもしれません。かぶれが進行して汁が出る場合の原因と対処法についてまとめました。【かぶれでどうして汁が出るの?その正体と対処法】進行した湿疹によって汁が出るのは、おもに患部のかきすぎが原因だと言われています。湿疹によって出る汁は医学的には滲出液とよばれ、本...

かぶれや湿疹への古典的な対処法として湿布療法が挙げられます。中でもステロイド含有の湿布は作用が強く、かぶれの治療に効果的だとされています。かぶれの治療に湿布を使用する場合の効果と注意点をまとめました。【湿布はなぜかぶれ治療に効果があるのか】ステロイドとは大まかに言うと、薬の成分の一種です。おもに軟膏などの外用薬に多くふくまれ、即効性が期待できる成分として幅広い疾患の治療に使われています。ステロイド...

口の周りがかぶれてカサカサになっていませんか。ここでは、原因と対処を探っていきます。【口の周りがかぶれる原因】口の周りは皮膚が薄くなっています。そのため、刺激に弱く、病気の症状が出やすい部分でもあります。口の周りがかぶれる原因は様々ありますが、主な原因としてはアレルギー、ストレス、乾燥や内臓疾患等があげられます。アレルギーを引き起こす物質は沢山あります。金属、植物、食物や調味料等でも発症します。ア...

軽度のかぶれや湿疹であれば症状が完治すれば跡も自然に消えますが、重症の場合やかぶれを何度も繰り返している場合は跡がいつまでも消えない場合があります。症状がなくても、かぶれの跡はできるだけ早く消したいところですよね。なかなか消えない湿疹はもちろん、辛い症状そのものを緩和するアプローチについてもまとめました。【かぶれの跡がいつまでも消えない本当の理由】かゆみなどの症状が落ち着いているのに炎症の跡だけが...

病院でかぶれと診断された場合、まず気になるのは完治期間ですよね。一般的なかぶれの場合、どのような状態になれば完治したと言えるのでしょうか。かぶれ治療の基本的な流れと必要な期間について解説します。【かぶれや湿疹の標準的な治療法とその期間】かぶれの治療プロセスはまず、炎症を引き起こしている原因を特定することからはじまります。考えられる原因としては虫さされ、汗などによる刺激、先天性の皮膚炎などが挙げられ...

植物かぶれもまた、皮膚トラブルの原因として広く知られています。かぶれやすい植物についても研究が進んでおり、それぞれの特徴と対処法を知ることによって症状を早い段階で食いとめることができます。【かぶれやすい植物とそれぞれの特徴】かぶれやすい樹木の代表と言えばウルシではないでしょうか。高級な伝統工芸品としても使われるウルシは同時に、皮膚トラブルを引き起こしやすい樹木としても知られています。かぶれの原因は...

かぶれが起きやすい体の部分としては手首が挙げられます。手首は皮膚が露出した部位であり、日常で使う頻度も高いのでかぶれるリスクも大きくなると考えることができます。あらゆる動作に必要になるため、たとえ原因が特定できたとしても抜本的な対処が難しいとも言われています。やっかいなかぶれを少しでも落ち着かせる医学的な対処法をまとめました。【手首のかぶれで考えられる原因と対処法とは】手首のかぶれの原因として見落...

かぶれにはさまざまな種類の外用薬が処方されます。ゲンタシンもそのひとつで、どんなかぶれの症状にも効果があり、なおかつ副作用も最小限におさえられると言われています。薬としてのゲンタシンの効果についてもまとめました。【かぶれの治療にゲンタシンが処方される理由】ゲンタシンは医師から処方されてはじめて手に入れられる薬であり、市販薬として売られることはありません。それだけ作用の強い薬ということで、症状に合わ...

目は、体の中でもとくにデリケートな部分だと言われています。目の周りが長期間にわたってかぶれると感覚的にもうっとうしいですし、日常動作も制限されてしまいます。1日でも早く治したい目の周りのかぶれの原因と対処法をまとめました。【目の周りがかぶれる意外な原因とは】かぶれなどの湿疹ができる原因には、内因性のものと外因性のものがあります。内因性の代表はストレスです。人間にとって精神的ストレスは万病のもとであ...

かぶれの症状がいつまでも治らない場合、かゆみや痛みがいつまでもつづくために日常生活もわずらわしくなりますよね。とくに腕は普段からよく使う部分であり、洋服などでも隠しにくい部分であるため早いうちに対処したいものです。なかなか治らない腕のかぶれへの対処法についてまとめました。【腕のかぶれが治らない原因と対処法】腕のかぶれによるかゆみや症状は通常、2〜3週間程度で完治にむかうと言われています。それ以上の...

絆創膏でかぶれてしまったことはありませんか?ここでは、絆創膏によるかぶれの原因と対処を見ていきます。【原因について】絆創膏を貼ることによって、皮膚がかぶれて痒くなることがあります。適切な対処が必要な場合もあるので、いくつか原因をあげてみましょう。絆創膏を貼ったり、はがしたりするときの物理的刺激がかぶれの原因の一つと言われています。表皮が傷つくこともあるので、そこからかぶれが広がっていきます。アレル...

へそは体の中で汗がたまりやすく、その分かぶれもできやすいと言われています。かゆみが強く表れる部位でもあるため、かぶれが起きた場合にはすみやかに原因を特定し、医学的に正しい方法で対処する必要があります。やってはいけない対処法についてもまとめました。【原因は汗!へそのかぶれへの有効な対処法とは】一般的に、臍のかぶれの原因として最も多いのは汗による刺激だと言われています。へそは上半身では最も汗がたまりや...